FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

谷川岳 

GW前半に関越道方面に山行に行ってきました。全国的に天気は良かったようですが、選んだ山域は天気があまり良くありませんでした。それでも、十分楽しめた山行でした。

【日程】2013年5月2日
【山域】谷川岳(雪山)
【メンバー】古関

【5/2行程】
千葉 5/1 22:00出発 (道の駅で休憩) 7:00土合駐車場 8:30ロープウエイ乗車-8:45天神平―9:15登山開始-熊穴沢避難小屋-12:00登山終了-13:20天神平―ゲレンデ練習-16:30下山-20:30神楽スキー場駐車場


 谷川岳の天気予報は雪。ロープウエイで上がってみると、スキー場より上は雪雲の中です。快晴の雪山を期待していましたが、ちょっと残念な状況。スキーコース脇の登山者道を登り始める。尾根まで出ると風雪が強くなる。谷川岳方向は見えない。小一時間で熊穴沢避難小屋に到着。小屋はまだ半分程度雪の中の状態です。この日に会った登山者は単独行2人と先行の3人組の1パーティだけ。ここからは一層と雪が強くなり、先行の踏み跡も不明瞭。風も強く、しばし耐風姿勢で凌ぐ。雪が顔に当たり痛い、湿った雪で眼鏡も水メガネ状態(スキー用ファン付きゴーグルで改善)。肩ノ小屋の手前で赤旗が視えなくなり先行した3人組パーティが視界不良のため下山してきた。小屋まで行けなかったとのこと。しばらく前進してみたが、他の単独行2組も下山を開始。
私も12時となったので、下山することにした。熊穴沢避難小屋で行動食を取り、13:30頃に天神平に到着した。ここからは天神平スキー場でスキー練習をすることにした。ロープウエイ往復2000円に対して、スキー場1日券2500円(ロープウエイ往復含む)ですので、お得な1日券を買いスキーを持って来ていたのでした。この頃には時たま晴れ間が現れるぐらいの天候になり、約2時間半ゲレンデ練習。新雪ですが、重めの雪質です。16:00に下りロープウエイに乗り、本日の山行修了となりました。



雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

燕岳 

今晩は。総会の時、入会した鈴木です。
遅くなりましたが燕岳の山行報告を致します。


【期日】H25年4月28日(日)~4月30日(火)
【山域】北アルプス南部
【天気】4月29日 晴れ時々曇り  4月30日 吹雪後雨後曇り
【メンバー】CL鈴木憲二  鈴木愛子
【行程】  
4/28(日) 千葉~豊科~中房温泉 駐車場で車中泊
4/29(月) 中房温泉登山口(5:30)~第二ベンチ(7:00)~第三ベンチ(7:50)~合戦小屋(9:30着 10:00発)~燕山荘(11:45着 12:00発)~燕岳頂上(12:40着  12:55発)~燕山荘(13:35)(泊)
4/30(火)   燕山荘(6:40)~合戦小屋~中房温泉登山口(9:30)有明荘でお風呂に入り帰葉

【内容】 

4/29(月) 
第一ベンチ手前より雪あり。第二ベンチでアイゼンをつける。
第三ベンチで休憩をしている時、3人パーティの人が下って来たので、もしかして千葉やまメールで見た1日早く入山していた室さん達ではないかと思い、声をかけてみた。そしたら室さん達であり、嬉しくなり、しばし歓談、お互い気をつけましょうと話し、別れ、再び燕岳をめざして歩く。
合戦小屋は2メートルの雪が積もっていた。
合戦小屋を過ぎ、森林限界を抜けると、槍ヶ岳、燕岳、大天井岳等が見え、疲れをいやしてくれた。
燕山荘でリュックを預け、サブザックで頂上を目指す。頂上では槍、穂高連峰、後立山連峰、新潟の 山々が見え、素晴らしい展望であった。

4/30(火) 
昨夜から吹雪だったようで、朝、小屋の玄関の外へ出てみると、雪が積もっていて視界も悪く、吹雪いていた。
皆、少し、出発を遅らせたり、停滞を決めていた人もいた。私達は風雪が強いのは合戦小屋までだろうと思い、6:40に出発をした。
合戦小屋までは吹雪で、風もとても強く、冬の帽子だけでは頬が寒く、目出帽を持って行かなかった事を反省した。次に5月に行く時は目出帽を持って行こうと思う。
合戦小屋に着くと吹雪もやみ、小雨から曇りとなり、それからは歩きやすかった。
登山口近くの有明荘でお風呂に入り、帰路に着いた。


雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

宝剣岳◆写真 

田中です。
中央アルプスの宝剣岳の登山報告を致します。
槍の山行が天候その他の諸事情で中止となり、連休の晴れ間を狙い、
単独で中央アルプスの宝剣岳に千畳敷より往復登山をしてきました。


817宝剣山頂にて
  [宝剣山頂にて]

1)田中(孝)単独登山
2)平成24年5月5日(土)日帰り
3)自宅早朝1:00発=駒ヶ根菅の台駐車場5:00着 6:10バス発=ロープ
  ウェイ=千畳敷駅7:30 7:50登山開始~乗越浄土8:50~宝剣岳山頂9:10
  ~9:20下山開始~往路を写真撮影をしながら下山~千畳敷駅10:20着
 ロープウェイ10:30発=バス=駒ヶ根菅の台駐車場11:20着=往路を帰還
 =自宅17:00着


4)夜中の1時に目覚めてそのまま自宅を出発する。
 (衣類は登山スタイルで自宅で仮眠をして出発となる。)
  深夜の高速はスイスイと走れて真ん丸お月さんと甲府の夜景にラジオの
  ギター曲に夜のドライブはルンルン気分で今日の雪山の絶景を思わせる。
  5時に菅の台駐車場に着き、身支度の後ですぐにバス待ちの列に並ぶと
  臨時が出ると言う。(ラッキー)バスとロープウェイを乗継して、千畳敷に
  1番で到着した。ここでは山岳指導員が沢山いて大勢のボーダーやスキー
  ヤーと登山者に注意や指導をしていた。特に宝剣岳は事故多発で計画書の
  中を良く確認していて、一律に単独ではダメと言う。当方はバイルや
  12本アイゼンでのダブルアックスで山頂部の急な斜面は登りますと言うと
  OKがでた。千畳敷駅前で衣類とアイゼンを付けて正面の夏道伝いはダメと
  の事で、右側のカールの底の部分を通り、乗越浄土を目指して登り出す、
  カールでは写真を撮りながら行くと1時間ほどで乗越に到着した、軽い食事と
  飲み物をとり、すぐそこに見える宝剣山頂に向かう。(風が強く晴れては
  居るが、寒さはありファスナーを締めて山頂へ)途中の急斜面の始まる
  手前に穴を掘り、風を避けながら、指導員が2名見張りをしていた、しきりと
  登山者を停めて単独はダメ、技術の無さそうな人等をチェックしていた。
  私の通過する時は他の人に気を取られて私はスルーであった。
  それにしても見た目に雪山の経験の無さそうな方がかなり居て、ピッケルは
  有るが使い方も判らない様な方が多いのには驚いた。

  私は20m位の急な斜面を程よく氷付いた雪面をダブルアックスで登り
  山頂を踏む、その途中では私と年頃が同じぐらいのベテランの方が3人も
  ザイルで?いで登られていた。(3人は年配の御婦人で山頂では嬉しい
  表情がありありと見られた。)
  記念写真を撮って早々に下山に掛かるが、北側斜面は昨日の吹雪の雪が
  冬山そのもので岩肌に着いていた。
  下山も慎重におりて、指導員の隣を通り、ありがとうございましたと
  会釈して通ると、単独でしたか?本当は行かせるなと指示が出て居たの
  ですがね?と声掛けを頂く。
  (私は心の中で先ほどの4人パーテーの様に登れそうにない人を1~2人
   つれて居れば単独で無いのでOKなのかな?と思ったが、ダブルアックスで
   危険地帯は抜けましたからと返事して通過する。)
  下山の頃は天気が快晴になり、写真を撮りまくりルンルン調子で下山をした
  途中の中央稜も黒々としていて12年ほど前の冬期登攀の思い出が甦って
  きた。千畳敷に着き衣類とアイゼンをザックにしまうとロープウェイが
  出るとアナウスで飛び乗り、バスの臨時が出てスイスイと菅の台に帰り着き
  午後の渋滞が心配の為、風呂も食事も行動食を車内で食べながら帰途に
  つき、途中の小仏トンネルあたりで2時間渋滞は有ったが17時に自宅に
  帰り着いた。

+写真集へのリンク+

雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

八ヶ岳旭東稜 

(山域)八ヶ岳連峰 (ルート)旭東稜 (登山方法) 雪稜
(参加者)CL 藤川勝人(栃木県連) 広木愛子(記)
3月20日
 美しの森 8:00-出合小屋 11:00 11:30ー五段の宮の取り付
 16:30 テント幕営
3月21日
 五段の宮下6:30-旭岳11:30-ツルベ12:30-出合小屋15:00
 -美しの森17:30


計画は、出会い小屋で泊まり、空身で五段の宮を超え、戻る計画も立てたが、
途中何が起こるかもしれないので、テントで動くことにした。出合小屋は、
良く手入れされた、ストーブのある良い非難小屋です。五段の宮の下まで
行けたので、後行程にゆとりが出来ました。雪がとても多く、狭い稜ですが、
なんとか、二人用テントが張れました。

二日目の行動について、「五段の宮の岩を、荷物を担いで登るのは、きつい
と思う、草つきで、雪と,氷の壁の方が、今の体力では適切かと思う」との
提案があった。それで良いと納得する。今回は、3回目の、アタックなので
何としも完登したい、最後のチャンスの様な気がしました。
1回目は、前が詰まっていて五段の宮で引き返す、2回目は、天候が悪化して
下部雪壁で引き返しました。
6時30分より行動開始、雪壁をトラバースし、氷と草の壁、岩(いろいろな
ミックスで、怖くもあり面白くもあり、とても充実し、満足出来た登り)を、
五段の宮の脇を登って行きました。11時30分旭岳到着。
風は、痛いように冷たいので顔が凍傷になりそうであった。休憩は、ツルベを
少し下って風の収まった所とした。そこで、13時にパンと、紅茶。
出合小屋にて、15時に最後の腹ごしらえをする。
計画書では、2泊で提出して行ったが、1泊で、明るいうちに下山出来て
良かったと思います。
今後も、余裕を持った計画で、標準的な行動に努力したいと思っています。


雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

唐松岳八方尾根◆写真 

田中です。
3月9日夜から11日にて北ア 唐松岳八方尾根に
登りました。(山頂は踏めませんでした。)


733若者O君と

「メンバー」:田中(CL)・永田・大森

9日(金)22時に千葉市役所前にて大森さんを乗せて
信越道経由で白馬に向かう。

10日(土)の早朝は雪が降っているが、9時には曇りに
変る見込みで予定どおりにゴンドラに乗りリフトトップの
八方池山荘前に降り立つ、すでに雪から曇りに天気はゆっくり
良い方向に向かいつつあり、山荘に挨拶をして、そのまま
八方尾根の登山を開始した。
先頭にベテランの永田さんに行ってもらい、間に雪山の
デビュー戦の大森さんを入れて、すぐ後ろで田中がカバーを
する体制で前進していく、昨夜の雪で雪面は20~30㎝の
新雪でトップの永田さんにラッセルが重くのしかかる事となる。
八方池あたりから別の3人パーティが追い抜いていただき、
ラッセルを使わせてもらうが、途中で彼らが急登の途中でワカン
からアイゼンに交換している時に追い抜く事となる。
(私たちは以前の記憶で「く」の字に尾根が曲がる前の急登り前に
アイゼンに変えた方が良いと考えていて変えたので時間が掛からなかった)
彼らを追い越す前から急騰用に田中と大森さんはタイトロープを結び、
田中・大森・永田の順で登るが、丸山手前の2250m地点で12:30と
なり、休憩をしながら先の予想をして、3人で相談して、この先に
進んで山頂を踏めば山荘には16時ころになると考え、疲れを感じる
メンバーの状況を判断して2250mを最高点として下山にかかる。
途中でガスの切れ間から不帰方面が少し顔を出してきた、明日は
天気図から午前は晴れると考えたが、明日やるかは山荘で決めようと
山を眺めつつガスの中を山荘に14:30に下山した。

11日(日)朝は快晴で周りの山々が見渡せてスバラシーイ朝となる。
既に昨夜に酒を呑み、山荘のお風呂に入ったら戦意が低下して、写真
撮影のみで1時間ほど上のピークまで行き写真に収めて、下山とした。
一番のリフトで帰りの途につき、自宅には14:30ころ帰還した。


+写真集へのリンク+
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。