FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

南会津山菜山行◆写真 

富樫(富)です。先日の山菜山行の報告をさせていただきます。
 
07 乾杯そして舌鼓
 [乾杯そして舌鼓]

【日時、天候】 2012年5月26日(土)晴れ、27日(日)晴れ
【山域】 南会津
【メンバー】 CL橋本、SL竹下、山内、村尾、高梨、大木、舟山、
  加藤、清野、富樫(富)
 
【内容】

 26日0時に千葉を出発し、目的地の福島県只見町に着いたころには、
白々と夜も明け朝5時になっていた。叶津付近では、昨年の豪雨のため
道路が寸断されており、その手前で駐車し、早速山菜取りにとりかかる。
しかし、ここでは、わずかにふきのとう、カタクリ、コゴミ、細いワラビ
があるだけで、満足いくものではなく、すぐに場所をかえた。         
 そして昨年も沢山山菜が取れたと言う山を目指すが、途中豪雨の被害の
只見線の崩壊には心が痛む。博士山付近では期待を裏切らずにわずか2時間で
ウド、ワラビ、笹竹のたけのこ、タラの芽、クレソン、山椒、コシアブラなど、
今夜の宴に十分な山菜がとれた。

 早くも今回の山行の目的をはたした一行は、余裕のルンルン気分で道の駅や
スーパーに酒などの買出しに出かけたが、道の駅に山菜を卸に来ていたおじさん
の話では、コシアブラはセシウムが多く検出され今年はだれも採らないそうだ。
まあ、そんなアドバイスをきく人はメンバーの中にはいないのだが、まだまだ
福島原発の事故の爪痕は大きい。買出しの後は、名湯つるの湯でまったりとすごし、
今夜の宿泊地の昭和の森キャンプ場についた。
キャンプ場につくと皆で山菜を仕分けし、竹下さん、大木さんの揚げてくれた、
あつあつの山菜の天ぷらを美味しくいただき、大満足で1日目を終了した。
 
  2日目、27日はカッコーの泣き声で目を覚ます。今日もいい天気。今朝の
メインメニューは、昨夜から灰汁抜きをしたワラビです。
なんともいえないいい色、歯ごたえ(竹下さん調理)。朝食の後は矢ノ原湿原を
散策し、小1時間、大自然の中にゆったりと身をおいた。
いよいよ帰路。途中観光地大内宿に寄ったが、観光地での団体行動に慣れていない
メンバーはバラバラだ。メンバー集めにリーダーが走る。
今回の山行一番の難所だったのでは?大内宿では名物ねぎそば、岩魚の塩焼きなどを
いただき、渋滞もまぬがれ午後5時に千葉駅に着いた。
 
今年は全員が山菜採りをしたおかげで、やっと私も山菜がわっかてきました。
お金をかけないのに贅沢な気分。
CL,SL、皆様、楽しい時間をありがとうございました。

+写真集へのリンク+



スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top