FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

丹沢主稜主脈縦走 

丹沢主稜主脈縦走報告 

【日程】2012.5.5~6 
【山域】丹沢 
【形式】小屋泊まり縦走
【コース】ヤビツ峠~丹沢山(泊)~蛭ヶ岳~西丹沢自然教室
【メンバー】井上(志) 単独

【記録】

 5/5 曇り/晴れ ヤビツ峠9:00―三ノ塔11:30―塔ノ岳15:00
―16:50丹沢山(1567m) みやま山荘泊

 柏から千代田線小田急線と乗り継ぎ1番バスに乗ることに決めて
秦野に7:28に着いた。既にバス乗り場は長蛇の列。最後尾につい
ても次々人は並び、2台目の臨時バスに乗ってヤビツ峠に着いたの
は9時であった。スタートは下りの車道歩きだ。12,500分の1のマイ
マップを作り、昭文社の地図などでできるだけ書き込みをして予習
をした。丹沢山塊は東西40㎞、南北20㎞の首都圏近くの広大な山地
で、その成り立ちは約500万年前の造山活動により、フィリピン海
プレートの突端にあった盛り上がりが本州に衝突した時にできて、
平らなピークが多い比較的新しい山地で、まだ浸食が進んでいない
ことを示しているそうだ(山渓の登山技術全書⑧による)。丹沢は
何度も歩いているが、塔ノ岳より上にいくのは初めて。富士見山荘
から100m先の「護摩屋敷ノ水」の豊かにほとばしる水を汲んで、
ゆっくり歩き始める。きらびやかな若者の団体と追いつ追われつ歩く。
集団は実は小パーティの連結であった。二の塔、三の塔と休憩し、
にぎやかな山頂から富士山を親しく眺める。稜線歩きは眺めもよく、
左前方に低く烏尾山荘が見える。何度もアップダウンを繰り返した後、
行者ケ岳でゆっくり休む。クサリ場で登り優先を守り、ずっと後続者
を50人以上も待たせる先頭の人は「交互通行」を思いつかないのかと
思った。こちらが登りじゃないのかな。塔ノ岳を過ぎると人の気配が
変わり、ぐっと静かになる。ホンシュウジカ4頭にも会えた。つい休
みが長くなり丹沢主脈の中心、丹沢山みやま山荘に着いたのは17時
少し前であった。みやま山荘はきれいで食事もおいしくリーズナブル
でとてもよかった。夜は満月で明るく八王子、町田、横浜の都会の灯
がとてもきれいだった。

 5/6 晴れ/曇り/雷雨/晴れ/また雨 丹沢山6:30―8:30蛭ヶ岳(1673m)9
:00―13:00檜洞丸(1601m)13:30―15:20ゴ―ラ沢出合い15:40 ―
16:15西丹沢自然教室バス16:25

 5:30朝食で、続いて自前でコーヒータイムをとり、丹沢山に名残を
惜しむ。まず目指すは丹沢最高峰蛭ヶ岳。15分程で「水場まで3分」に
誘われて、下りてみた。急なザレ場で水を汲みながらもこれは推奨で
きないと思ったが、他に良い水場はなかった。蛭ヶ岳に着き曇ってきた。
このあと急ごうにも結構急坂で気を抜けない。これが丹沢主稜かと妙に
納得しながら、クサリ場、はしごを通過する。檜洞丸は遠くて13時到着
であった。後は下山と立ち上がったら、急に風が強くなった。軽いウイ
ンドブレーカーで楽になった。14時半、風音がバラバラ言いだし雨に
なった。雷も遠くで鳴っている。急いでカッパの上下に着替えて間に
フリースも着た。ゴアの手袋もして濡れと冷えに備えた。これだけ着れば
後は転ばないように気を付けて進むこと。今まで諸先輩が教えてくれた
ことを鮮明に色々思い出される。45分程で雨は止み暑くなったのでフリース
だけは脱いだ。ツツジ新道を過ぎ、沢音が聞けてゴーラ沢出合いに下り
立った。見渡すと対岸に赤リボンが見える。ところが橋がない。増水で
靴のまま渡れない。水深はくるぶしちょっと上と判断し、浅いところを
選んで、裸足で渡った。道は正解であったが、まだ2㎞以上をこの調子
では次のバスにも間に合わない。なだらかな下り坂で、ランと決めて走り
出した。また雨が降ってきたけどカッパを着たままでよかった。西丹沢
自然教室まで完走し、次のバスに間に合った。運転手さんに「カッパは
脱いでください」と言われる程濡れていたものの中の服は無事であった。
バスからすぐに下山連絡のメールをしたが、電波が弱い上にバッテリー
がなくなり暗くなってしまった。新松田でauショップを聞き、秦野駅近
くの店で充電させてもらい、無事下山連絡ができた。雷雨あり渡渉あり
トレランありで応用問題たっぷりの山行でした。


スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top