FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

雨乞岳と経ヶ岳 

こんばんは。たけしたです。
5月4、5日に雨乞山・経ヶ岳に行ってきましたので報告します。


04雨乞岳山頂で記念写真   [雨乞岳山頂で記念写真]

【コース】1日目:雨乞山(南アルプス前衛)
  2日目:経ヶ岳(中央アルプス最北端)
【形式】ハイキング 
【日程】5月4、5日 
【天候】晴天 
【メンバー】CL柘植 大木 竹下(記) 
【コースタイム】
 雨乞岳=ヴィレッジ白州登山口8:05→11:30雨乞岳12:30→14:35登山口
 経ヶ岳=仲仙寺6:40→10:45(山菜取り半時間含む)8合目→12:00経ヶ岳
 →8合目13:00→16:10仲仙寺

【記録】

千葉を3:30分に出発。途中雨が降ったり止んだり、小淵沢ICを降りる
頃には青空が見えてきた。
登山口から長く続く階段にはうんざり!!日向山を見下ろす頃、新緑の
樹林帯から鳳凰三山や甲斐駒ヶ岳が姿を現し、眺めながら割とあっけなく
山頂に着いた。
残念ながら甲斐駒は頭を雲の中に隠したままであった。
下山途中から遊歩道を行くことにしたが、荒れ果てた上に下山口から
駐車場まで舗装道路をしばらく歩くことになってしまった。

杖突峠を越え、高遠で美味しい中華ランチ(ボリュウム、味、価格とも満点)
をご馳走になる
アルプスむら長谷道の駅でテントを張る。

2日目、雪をまとった中央アルプスを目の前に見ながら仲仙寺を目指す。
境内から登り始め、山菜の気配を感じコシアブラを発見する。標高1250m
付近がちょうど食べ頃である。
リュックを置き、しばらくコシアブラ摂りに集中する。
スミレやショウジョバカマがチラホラ見られ、6合目からは急登が続き、
息が切れかかった頃に8合目に着く。
8合目はさえぎるものがなく中央アルプスの峰、南アルプスの大展望が開け
小休止する。
御岳の展望もあり、9合目からは残雪を踏みながら山頂に着く。山頂は
二等三角点であるが、ツガ林に囲まれていて展望はなく、8合目に戻り大休止。
摂り残したコシアブラをもうちょっといただきながら、皇族のおしるしをまねて、
Tさんはタムシバ。Oさんはハクサンコザクラ。 Tはチングルマの笠車。
などと勝手に自分の好きな植物をおしるしに決めながら下山。

見晴らしの湯で汗を流し、経ヶ岳のシルエットを眺めながら高速を走る。
サービスエリアやパーキングに入る車の渋滞を横目に石川SAまでとばすと
難なくトイレはガラガラ!
千葉着一時を過ぎていた。天気に恵まれた山行でした。
ゲットしたコシアブラをてんぷらにして美味しくいただきました。

+写真集へのリンク+

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top