FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

六ッ石山 

奥多摩「やぶ山&ワラビ採り」山行報告

【山域】奥多摩 
【山行日】4月30日 
【天気】曇り 
【メンバー】CL辻本・杉山(記)
【コース】日原―タル沢尾根―将門馬場―六ッ石山―ハンノキ尾根―境集落

【記録】

車で松戸を5時に出発。外環~関越道~圏央道と走り、鳩ノ巣で
車を停め、電車に乗り継ぎ、奥多摩発7時25分のバスに乗る。8時15分、
東日原バス停の先にある交番近くにある道を下り、日原川に架かる吊橋
(無妙橋)を渡る。左岸道を少し行くと、タル沢尾根に取りつく踏み跡
らしきものがありそれを登った。計画ではタル沢尾根を少し登り、西に
向かいカラ沢に下りて、カラ沢尾根から城山に登る予定と聞いたが、
道はどんどん東の方に登って行く。やがて最近出来たであろう搬送用の
モノレールが現れ、道もそれに沿って続いていた。(このモノレールは
地形図上の1229m上まで敷かれていた。)
モノレールと別れ、支尾根に取りつきタル沢尾根を目指す。木の根掴み
の急登だ。タル沢尾根の840m付近に上がり、再度、CLからシルバー
コンパスの使い方を教えてもらい、高度計と地形図で現在地を確認。
ここから尾根をひたすら将門馬場へ向かう。

将門尾根には10:30分に着いた。だだっ広い山頂には、なんの案内も
書かれていない看板と三角点が迎えてくれた。小休止の後、縦走路を
六ッ石山に向かう。やはり石尾根、東日原バス停後、しばらくぶりで
ハイカーと出会った。六ッ石山からの下りは、明るく拓けたワラビが
ありそうな登山道。しかし今年は全ての草花が遅れているようで、
ワラビもまだ早かった。CLは目ざとく3本ほど、ワラビをゲット。
水根に下りる道と分かれ、ハンノキ尾根に下山道を取る。880m地点の
カヤトで少し遅い昼飯となった。弁当を広げた辺りのあちこちにワラビ
が伸びていて、ウキウキした気分になり、食事もそこそこにワラビ採りが
始まった。出たてのほやほやで見つけにくかったが、二人分くらいは
収穫できた。後1週間もすれば伸びて採りやすくなると思った。
少し下ると山菜作業小屋があり驚く。タラ菜園はネットで囲ってあり、
太いタラの木がいっぱいあった。しかしネット外のタラも多く、二人で
協力してタラの芽を採取。小屋から犬が飛出し、二人の道先案内を勝って
出るように、境バス停付近まで先頭を歩いてくれた。
ワラビは自宅に帰り、重層を振り熱湯をかけ、押し蓋をして一晩おき、
塩昆布で和えて食べた。充実した山行と、大地の恵みを堪能できた一日でした。

スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。