FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

2/11,12 かぐら、前武尊 

辻本です。いつも菊池先生に山行報告を書いていただいていますが、
たまには先生に変わってヘボの辻本が変わった報告をいたします。
雪崩に関してはネコタムさんの報告も参照してください。

【山域】上越 【日程・場所】11日:神楽/12日:前武尊 
【コース】11日:神楽スキー場→中尾根→スキー場→武尊・ロッジ北国(泊)
     12日:オグナ武尊スキー場→前武尊山頂→剣が峰鞍部→荒砥沢→剣が峰鞍部→十二沢→スキー場ゲレンデ
【メンバー】CL菊池、SL長池、岡田、辻本、

[11日]関越は連休の中、早朝から事故もあり、渋滞が激しい。月夜野ICから17号で平標か神楽かと迷いながら、8時半近くにようやく神楽の駐車場に着く。
和田小屋から上は強風が吹荒れ、時々リフトも停まる。しかしリフトトップから山に入るパーティー3~4組。すでに高速道ができていた。
稜線までノンストップ。以前は何度も立ち止まり小休止を取ったが、今回はすんなりとシール歩きで快適に登ることができた。
上部は風は弱いものの視界が悪く、尾根の取り付きで若干迷ったが仕切りなおして中尾根へ乗る。新雪は膝下ほどで不安定。リーダーが先行し斜面チェック。やはり崩れるようだ。「ダメだ、右へ廻れ!」と下からリーダーが叫ぶのを「早く来い」と呼んでいるものと勘違いし、私は斜滑降で急斜面を横切るが、板下をピキピキと斜面が落ちて行く。雪崩たと気付いても、どうすることもできない。幸い浅く表層が落ちただけなので事なきを得た。
右、樹林帯へ逃げる。ここはノートラックの激パウだ。長池さん、岡田さんの雄叫びがあがるが、私は深雪に2度ほど頭を突っ込み、転倒の怖さから、足を突っ張らせて降りた。まだ膝を突っ込めない、深雪を楽しめるには程遠い。
こんな深雪初心者でも、今日の雪は重いと感じるが、3人は思う存分新雪を堪能していた。ゲレンデから和田小屋で休息の後、もう1本かなと思っていたが、リフトが止まっていたので駐車場までロングダウン。ゲレンデなら爽快に滑る事ができる。4時に下山し、オグナ武尊スキー場下のロッジ北国に向かう。1泊2食で¥6,500の宿泊料だ。しかしロッジ手前200mくらいでアクシデント。凍結で車が横転しているらしく、暫らく通行止め。全員腹が減っているのでイライラが爆発しそうだったが、無事、7時半には風呂に飛び込むことができた。

[12日]宿の車で送ってもらいOGUNAほたかゲレンデへ。リフトトップでシールを張り前武尊山に向かう。いきなりの急登にあえぎ、またシールもうまく乗れないところがあり、皆に迷惑をかけてしまった。山スキーへの注意書きが随所に張り出してあったらしいが見る余裕がない。急登を約1時間で山頂。お地蔵様は台座まで雪がなかった。シールのまま剣が峰との鞍部へ下る。直滑降で雄叫びを上げて行ったまでは良かったが、鞍部で顔からおもいっきりダイブ!暫し悶絶。長池さんに笑われる。もうゴーグルは役に立たない。
《ここからは長池調》
ブナの樹林はノートラック。寡雪で例年より細かいブッシュが出ている。雪つきは良い。シールを剥がすのももどかしく、深い純白の斜面に飛び込む。
頭から突っ込む者、腿をバンバンに腫らす者、樹幹に飛び込む者、雪の天国だ。
パウダースノーとはまさにこのことだ。登り返して2本。もう最高!
《再び辻本》
頭から突っ込み、眼鏡に雪が付着して見えず、足が突っ張りと苦労して滑降?したのにまた300m登るのか。喘ぎながら着いて行くが、どんどん離される。でもリーダーはしっかりと私をリードしてくれる。シール登攀にトラブル個所でも、叱咤激励とテクニックを教えていただく。
2本目は度胸を決めて膝を入れたのが良かったのか、少しは滑降らしくなった。
深雪の楽しさを味わえ出したようだ。2本目の登りも皆が私に合わせてくれ、写真に撮られる余裕もでてきた。
稜線から前武尊に登り返す斜面では、足が攣り出し再び遅れる。今回は迷惑をかけどおし。(皆様、お許し下んせ・・)
前武尊山頂から十二沢への滑降は、下手くそな私でもご機嫌になりました。頭から突っ込むのは当然ですが、その気持ちの良いこと。ご機嫌で十二沢からゲレンデに戻り、腿をパンパンに腫らせながら、爽快に山麓のロッジまで滑降。
充実した2日間であった。
スポンサーサイト



△page top

« 双子山・大河原峠・竜源橋
2/11,12 八ヶ岳・阿弥陀中央稜 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/97-1f7c099d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top