FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

鍋倉山山スキー◆写真 

吉川です。
 鍋倉山のブナの谷に400年とも500年とも言われ生き続けている
ブナの森太郎に会ってきました。


09 あそこに見えるのが「森太郎」だ!!
  [あそこに見えるのが「森太郎」だ!!]

【山域】関田山脈・鍋倉山
【日程】2012年4月28日
【メンバー】CL菊池、斉藤、庭田、吉川(記)、会員外2名
【行程】温井、駐車場(777m)8:40-鍋倉山山頂10:45
 -北東斜面滑降ー登り返し鍋倉山山頂12:10/13:10
 ー森太郎13:40-駐車場14:40
【内容】天気(晴)


 融雪を集め川幅いっぱいに流れる千曲川、満開の桜や菜の花が春霞に
浮かぶ飯山の町を抜け温井の集落に着く。2月には、3mもあった雪の
壁も、すっかり消え関田峠への除雪はだいぶ進んでいた。777m付近
に駐車し、ここからシール登行しながら巨大ブナの森太郎を探したが
見つからず、帰りに探す事にし尾根ルートをとらず鍋倉山と黒倉山の
谷間から鍋倉山への最後の急登を進み山頂に立つ。妙高山、黒姫山、
越後の山々から苗場山、日本海までの展望を満喫後は、北東斜面を一滑
りし、ザラメの快適なすべりに満悦!
上り返して昼食をとる。ぽかぽかの暖かい山頂で、新潟山の会のお仲間に
香味焼きをご馳走になり懇親のひと時は春山だからこそです。
GWなのに登山者が少なかった。

明るいブナ林のツリーランを楽しみリーダーの後に続き森太郎を探し
あぐねついに森太郎を探し当てた。離れたところからは、それほど大きく
感じなかったが、近づくにつれ、他のブナとは違う瘤だらけの巨木、
森太郎だった。急斜面を一気に滑り車を目指して駐車場へ滑り込んだ。
 霧氷の美しい花を咲かせる厳冬期のブナの森、400年とも500年
とも言われ生き続ける森太郎の事、今度は、新緑、紅葉の森はどのように
迎えてくれるのか興味がわいてくる。それから、枯死してしまった森姫を
探しに行きたい。

+写真集へのリンク+



スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top