FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

天狗原山◆写真 

菊池@ちば山の会・信濃町在住です。

ちば山の皆さん、GW前半、それぞれの山行に楽しんでいることと存じます。

私は地元の近くで楽しみました。28日は関田峠への道路の除雪がかなり進み、777m
地点から自由自在なルートを選択、推定樹齢400年の巨木ブナ「森太郎」を絡めたツ
アーで大満足でした。

29日 築田博さんのCDに掲載されている、GPSルートを頼りに笹ヶ峰から天狗原
山に挑戦してみました。


10 ついに1701mの稜線に到達、焼山・火打山のグレイトビュー
  [ついに1701mの稜線に到達、焼山・火打山のグレイトビュー]

【山域】笹ヶ峰・天狗原山
【日程と天気】2012年4月29日 晴れ・気温は信濃町で最高22℃
【メンバー】CL菊池・SL吉川・斉藤・庭田・I氏(会員外)
【行程】笹ヶ峰駐車場7:35-700m-除雪終了地点ー8:38杉野沢橋ー真川右岸ー左
斜面標高差約30m高巻ー下りー9:24-滝沢出合の平地ー細尾根へ取りつきー11:
531701m稜線ー13:19天狗原山頂上直下急斜面手前2000m地点13:54ー大斜面滑走ー
往路を滑走ー15:15滝沢出合ー16:50駐車場


・天狗原山の向かったの我々のみであったが前日のトレースが残っていた。スノーブ
リッジがなく杉野沢橋を渡って真川右岸を進むが、滝沢に出会いの手前で左に大きく
高巻を強いられた。最初の細尾根に取りつく急斜面では、特に下りで木にまかれた
ロープがあるが、その手前のトラバース気味に数歩下る地点はかなり緊張した。
・1701m地点に向かうルートは30度ほどの急斜面が2か所、クラックが所々入って
おり、シール登行ではトップは滑り落ちないよう緊張の連続であった。最後の急斜面
はツボ足で登り正解であった。
・薬師岳からの尾根との合流地点までの細尾根は問題なく快適にシール登行できた。
時間的、体力的にも、、また危険性も考え2000m地点から引き返した。天狗原山頂直
下の急斜面は35度を超すと思われるが、クラックが入っており、かなりハードであ
ると思われる。山頂の稜線には雪庇が残っている部分が多く雪崩れが懸念される部分
もある。
・滑走は極上ザラメ状態であり、全ルートほぼ滑りやすい状況であった。クラックの
入った30度ほど斜面は横滑りを交え慎重に下った。
・メンバー5名中4名が60才台であり、ゆっくりしたペースであったが、全行程9
時間強(滝沢出合までは往復3時間半)のハードなツアーであったが、天候と雪質に
恵まれ大満足のロングツアーであった。

速報をちば山の会HP http://chibayama.sakura.ne.jp/の掲示板に掲載しました。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top