fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

雨飾山山スキー◆写真 

頚城山塊 雨飾山山スキー

13、P2に立つ2
  [P2に立つ]

 ・日時 2012.4.21(土)~22(日) 前夜発1泊2日 民宿「瑞穂館」泊
 ・メンバー CL鶴田、石橋、石井、長池(記)
 ・タイム 4/20:20:10発-4/21:2:30道の駅「小谷」仮泊、6:00起床-7:57雨飾山荘
  駐車場-9:06林道末端-9:47尾根取付-12:47、1550m-13:24P3下-14:02P3
  -14:11P3発-14:31p3下-15:39沢下降点-15:50沢末端登り返し点-16:47林道末端
  -17:25雨飾山荘前
  4/22:雨飾山荘隣の露天風呂入浴

 ・記事

  小谷温泉を通り越して雨飾山荘前の駐車場にDep。林道は除雪済みだが工事柵で止めて
  いる。スキー靴を板にセットして背負い、普段靴で約1時間の林道歩きを楽にする。
  林道末端はまだ除雪作業中であった。小屋脇の立木に靴をDepして板にシールを貼る。
  取付きは大海川の雪原に侵入し、しばらく散歩したあと左急斜面に取付く。
  ブナの斜面は結構きついアルバイトになる。途中崩壊気味の急斜面に行き詰まって
  壺足で登り返す場面もあった。
  詰めの無木立大斜面はまさに天空へ登っていく感覚。青空が眩しい。
  P2の頂部は、前衛に荒々しい岩峰を従えた雨飾本峰が真近く眼線を圧する。
  白一色の急な大斜面は斜滑降で雪面を切るとスルスルとスラフ(小雪崩)が落ちる。
  大斜面下からは樹林に入る。柔らかい雪質で樹間の滑降は楽しい。
  樹間が狭く煩わしくなって右沢へ下降するが雪の断層に阻まれたり、滝穴を越えらず
  壺足で登り返すなど小さな苦労もあったが無事大海川雪原に降り立つ。
  翌日は大渚山登山予定だったが雨予報で中止、雨飾露天風呂を満喫しエンドとする。
 ※泊まった民宿「瑞穂館」は山麓の民家の香りと和やかで世話好きのご夫婦がとても
  うれしく手造り料理がおいしい。手造り蒟蒻と赤飯をみやげにいただいた。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top