FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

太刀岡山左岩稜クライミング 

甲府、太刀岡山左岩稜アルパインクライミング

 最初の2ピッチのクラックは5.9、5.8とこのルートの核心で、
その後、チムニー、岩稜、フェイスと変化に富んだルートを
前半は苦しみ後半を楽しんできました。


【山域】奥秩父 
【ルート】太刀岡山左岩稜 
【登山方法】アルパインクライミング 
【行動日】4月8日 
【メンバー】CL平野、SL上茂、渡辺(三)、吉川(記) 
【行程】千葉5:45-中央道-太刀岡山駐車場9:45-クライミング開始10:30
  -鋏岩広場クライミング終了17:30-下山駐車場18:00-中央道帰葉

【内容】4/8(快晴)

登山道から少し上流の亀沢を渡りペンション脇からアプローチ、
間もなく取り付き点に着く。ほぼ垂壁にハンドサイズのクラック
の壁を、1パーティーがトライ中だった。けしてスムースに登って
いないのを見てこの場から逃げたくなった。HさんとY、Uさん
Sちゃんが組で登攀開始。Hさんは、カムを噛ませながらグレード
5.9を無駄のない動きで華麗に登る。続くYは出だしのフェイスで
足を支えてもらい、カムにぶら下りながらむちゃくちゃに登る。
次の凹角のクラックも背と足で突っ張りながらずりずりと、
スクイーズチムニーも、もがきながら何とか登り3ピッチまでは、
荷揚げしてもらったが、4ピッチ目で、ザックを背負ったら登れず、
ここで又、荷揚げをする。この後から、リーダーに重いザックを
背負ってもらい登攀した。

5ピッチ目からは、眼下の里山の景色と高度感溢れる岩稜登攀は
ときめいた。恐竜の背のようなナイフリッジをこえ振り返る、
素晴らしいスカイリッジの景色を脳裏に焼き付ける。途中、後続を
待ちながらトカゲをきめる。
(コーラ-干のようなものとリーダに教わる)岩が暖かくとても
気持が良かった。登り始めは、指の感覚がなくなるほど岩が冷た
かったのに…鋏岩の広場で、ロープを片付け、無事登攀終了の
硬い握手を交わし登山道を下る。

今回、Uさん、Sちゃん組みは、マルチピッチの練習をしていた
ようだが、Yは、リードの自信がなくフォロー&フォローの訓練が
できた。今後は、クラックやその他の登攀能力を高め、リードも
できるよう目標ができた。

大反省:ルートの下調べをしても理解できないだろうとサボったため、
どこかに余計な荷物をデポして、マルチピッチに入ると勘違いし、
テルモス、デジカメ、ツェルト、必要以上の救急キット、本、等など
自分で担げない荷物を引き上げてもらったり、担いでもらったりと
メンバーに迷惑を掛けてしまった。
今回の講習は、Yにとって大変有意義なものでした。リーダーを
はじめ、同行のお仲間に感謝します。

スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。