FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

2/10,11 蔵王 

山行報告

【山域】蔵王 【場所】坊平スキー場から刈田岳往復 
【日時】2007年2月10~11日
【コース】坊平スキー場-お釜稜線-刈田岳-避難小屋-お釜稜線-坊平スキー場
【メンバー】CL橋本、SL竹下、北崎、村野、加藤、大木 
【天候】吹雪
【内容】
 4年続けての樹氷山行です。刈田岳周辺が樹氷が最も大きいこと、スキー場は騒々しいのでこのルートを選択しました。

 9日22時千葉発。10日4時頃山形着で、24時間営業のスーパーで食糧の買出しを行う。山形市内は全くの雪なし。市内の公園で2時間ほど仮眠する。仮眠の途中から降雪となる。

10日8時スキー場着。準備をして9時にリフトに乗る。リフト2本で1450mまで登る。視界は50m以下だが、気温はプラス1-2℃で暖かいが徐々に風が強くなる。ワカンなしで歩き始める。稜線まではポールが立っているとのこと。途中に避難小屋2か所あり、一つは石油ストーブまであり6人程度が泊まれる。視界は悪くなるし、風も強くなるが、ポールがあるしGSPにはルートを登録しているのでそのまま登る。2時間後に稜線に、さらにポールに沿って山頂の神社に到着する。神社から避難小屋のレストハウスを目指すが視界が悪く、見つけるのに少々手間取るが、1時過ぎに避難小屋着。

 避難小屋は8畳ほどの広さで入口は梯子段なので、ザイルをセットする。のんびりするが、2時過ぎには宴会スタートで、大木さんのモチピザ、タラ、豚、カキ、ホタテのキムチ鍋でだらだらと宴会は続く。

 11日朝6時起床するが、風強く、視界も悪いが、9時避難小屋を出発する。稜線からスキー場への分岐点の目印がないが、GPSにルートがあるので、それに従って下山する。風は真正面からで、あられが吹き付け目も開けられない。小屋から約3時間でスキー場に着。降雪が続いており、すぐに上山温泉へ行く。風呂代80円、洗髪料70円の公衆浴場で、熱めの塩化物泉で、なかなか良い。上山城の付近でそばを食べて一路千葉へ帰路についた。

反省点:スキー場から標高差300m程度と安易に考えていたが、広い稜線付近ではポール以外は目標物がなくすぐ道に迷いそうである。どんな山でも天候で良くも悪くもなる。小さな山も心して登るべきと反省した。

スポンサーサイト



△page top

« 2/11 かぐら
1/27,28 草津芳ヶ平山スキー »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/95-cb17d6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top