FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

谷川雪上訓練と白毛門◆写真 

山内です、 今回 テント泊 谷川岳マチガ沢をベース基地にして
1.雪上訓練、
2.救助隊訓練 実施の山行報告をいたします。(なお 文中敬称を省略。)

特に、7日(土)の雪上訓練は ほぼ一日中 雪が降り、気温がマイナスの中の
もじどうりの雪上での訓練となり、AM,PMの2回にわたって長時間、寒さの中で
精力的に指導していただきました、橋本、田中、横山さんの3講師の皆様には、
一同感謝申し上げます。


+写真集へのリンク+

04 田中リーダーの熱こもる指導
  [田中リーダーの熱こもる指導]

1)【期日】 平成24年4月6日(金 夜行発)~8日(日)前夜発1泊2日
2)【メンバー】CL橋本丈夫、SL田中孝平、横山一隆、辻本喜代志、広木愛子、
  澤田淳子、樋口博文、大森康雄、堀内淳平、加藤洋子、板橋孝、富樫富久美、
  萱野宏昭、萱野香織、村尾憲治、竹下美代子、室 昌美、山内英晴
  ちば山総勢18名
  県連の他会(船橋勤労者山の会、岳樺クラブ、千葉こまくさ、東葛山の会、
  松戸山の会、まつど山翠会)

3)【コース】 
1.7日(土)雪上訓練 マチガ沢右岸 終日 雪、気温マイナス
 県連主催で 講師は今回、県連から、ちば山に依頼があり、横山一隆、橋本丈夫、
 田中孝平 の3名が講師を務める AM :ちば山、県連の他会のメンバー 
 PM :県連の他会のメンバー
2.8日(日)救助隊訓練 晴れ 土合駅付近の雪上でのシート梱包、搬出法
 講師は県連救助隊(ちば山からは 横山、広木(愛)、樋口の3名)。
 受講生徒は ちば山から田中、山内 と県連の他会のメンバー

4)【ルート、行動時間】
1日目(6日):千葉 22:00 → 関越自動車道 → 土合駅 
2日目(7日):土合駅 各班の車合流 メンバー集合 2:00 →湯檜曽川
  マチガ沢合流点で幕営 3:30→ 起床 5:30 朝食、
  準備 出発 6:30 → マチガ沢右岸 8:00 → 
3班に分かれて 雪上訓練 AMの部 8:15 ~ 13:00
 (橋本、田中、横山の3講師は引き続き PMの部の雪上
  訓練に入る) → 幕営地 14:30 → 仮眠、 広木(愛)、
  樋口、他会救助隊メンバー が 明日に備えての救助法の予行演習
  → 3講師 PMの訓練を終え幕営地へ17:00 → 共同夕食
  18:00~20:00

3日目(8日): 起床 4:30→ 共同朝食、テント撤収 7:00→ 
  土合駅付近 8:00 救助隊訓練組 8:00~14:00 
  → 土合駅 14:30 → 関越自動車道→ 千葉駅 17:30

5)【訓練等の内容、その他】:

1. 雪上訓練 滑落停止技術&練習を何度も繰り返し行う(空身での練習、リュッ
    サックを背負い、登山中のスタイルでの練習)、 その他に ピッ
    ケルの持ち方、各部の名称、 雪上歩行テクニック、つま先キック・
    ステップ、かかとキック・ステップ、トラバース歩行、方向転換の
    方法、安全を確保する方法、登下降(暖斜面、急斜面)、確保技術
    (ハンドビレイ、アックスビレイ)

◆まとめ  
歩行中に身体のバランスが崩れた、と感じたら瞬時にピッケル刺す。
早く刺して滑落を止める。 また講師の方からは最後に言われましたことは、
万が一滑ったらあらゆるものを総動員(体の部分も含む)してとにかく滑落を止める。
絶対に滑り落ちてはいけない、細心の注意をして歩行すること、これに尽きる。 

今回の訓練、技術、教えていただいたことは、雪山と夏山で心強い味方になりますので、
機会があればちば山のみなさん繰り返し身に付けてはと思います(毎年あるようです)。 

2.救助隊訓練 雪上シート梱包、搬出法 
(1)県連推奨7点セットの説明
(2)事故発生から救助までの流れ
(3)事故者の梱包の仕方 これが実に多彩で大変勉強になりました。
(4)セルフレスキューシュミレーショの後、事故想定して事故者(仮)を置いての
   シート担架による実施訓練を2回行う。

感じたこと、冬山、夏山に限らず山行時に1パーティーに県連推奨7点セットが
3点(3人)持ち合わせるととりあえずは何かの場面に遭遇したときに対応が
できますし、使用方法やロープの何種類の結び方をみなさんが知ることが必要と
強く感じました。

07 本日はここまで
  [本日はここまで]
スポンサーサイト
講習・訓練・トレーニング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。