ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

両神山狩倉尾根◆写真 

両神山塊、狩倉岳

18いよいよ最後の難関が近づく(左から横八丁最後の岩峰・狩倉槍・狩倉岳)  [いよいよ最後の難関が近づく(左から横八丁最後の岩峰・狩倉槍・狩倉岳)]

【山域】北秩父  
【ルート】両神山、梵天尾根~狩倉尾根 
【登山方法】藪岩稜歩き 
【山行日】4/1 
【メンバー】L柘植、吉川(記) 
【行程】3/31土気20:00-関越道-花園IC-大滝温泉(仮眠)
4/1大滝温泉4:30-持桶トンネル車止め5:35-長栄橋5:40-石舟出合6:30
-大峠8:00-大笹10:00-狩倉槍11:50-狩倉岳12:30-1435峰13:10-
1341峰14:00-持桶トンネル車止め15:30-花園IC-関越道-帰葉

【内容】
寒く、薄暗い中、大した支度もないのに手間取ってしまい、
すっかり明るくなって出発した。山側の崖には防護ネットが張り巡らされ、
この辺りに降り立ち四苦八苦した記録があったが、どう足掻いても
このネットは越えられません。間もなく枝で作られた手すりの階段を登り
沢沿いの仕事道を進む。
崩壊箇所の厳しいところもあったが、足場の悪いへつりは、真新しい桟橋で
修理され歩き易い。左からの藪沢(藤十郎沢)とその上部に伐採された
山肌が見えてきた、ここに降り立つ予定だ。ここを見送り間もなく、左俣に
石灰岩の大岩壁の石舟が見えるが、右俣の15mの涸れた滝の右岸を高巻いて
滝上に出る。これからは、踏み跡は殆どない落ち葉と岩の沢を登り、岩鬼を
左手に見て、ひたすら峠沢を忠実に急峻な厳しい詰で、大峠に出る。

ここから踏み跡は、しっかりあるが廃道となった登山道は注意が必要、
おまけに尾根の東側は、氷が張り付いていて緊張の連続。ミヨシ岩の岩頭て、
狩倉尾根の展望後、凍りついた崖に阻まれ10mほどの懸垂で降りる。この先、
横八丁の岩場は、南側が切り立っているので、北側の巻きが心配になる。
明るい潅木の尾根に笹が茂る大笹に出る。ここから進路は西に向かう。
前方にぼこぼこした藪尾根の先に狩倉槍がそそり立ち、その右手には、
一昨年歩いた赤岩から長付山などの上武国境の山々が連なる景色に感激して
写真撮影に夢中になっていると、リーダーは、核心部が気になるらしく、
藪に消えてしまった。横八丁の岩場は、岩稜の尾根で行き詰ったら、戻り
右か左に巻き道を見つけ進んでいくルートハンティングが楽しい。

クラック状の下降では、染み出た水が凍り氷のミックスになっていたので、
20mのロープと細引をつないで懸垂で下降した。この岩稜にツツジが群生
している。ヤシオツツジらしいが花の時期は綺麗だろう。狩倉槍は、南側が
切り立つ岩肌を露出させているもののすんなり急登で藪越しの山頂に立た。
あまり特徴のない狩倉岳周辺は、馬酔の木が目立った。山容が、がらりと
変わり、北側の谷に日窒鉱山の小倉沢方面が見えてきた。一昔は賑わって
いただろうが、今はひっそりしている。1435峰からは、暫く急斜面を下り
ブナの点在する平坦な尾根を下って、1133峰は踏み跡を辿り西側をトラバ
ースし、檜の植林帯を下って伐採地に出る。木苺のような茨を潜り抜け
藤十郎沢に降り目的地に出た。久々に10時間の行動と緊張の連続に1日とは
思えない充実感に浸る。


+写真集へのリンク+

スポンサーサイト
ヤブ(柘植ワールド) /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。