FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

唐松岳八方尾根◆写真 

田中です。
3月9日夜から11日にて北ア 唐松岳八方尾根に
登りました。(山頂は踏めませんでした。)


733若者O君と

「メンバー」:田中(CL)・永田・大森

9日(金)22時に千葉市役所前にて大森さんを乗せて
信越道経由で白馬に向かう。

10日(土)の早朝は雪が降っているが、9時には曇りに
変る見込みで予定どおりにゴンドラに乗りリフトトップの
八方池山荘前に降り立つ、すでに雪から曇りに天気はゆっくり
良い方向に向かいつつあり、山荘に挨拶をして、そのまま
八方尾根の登山を開始した。
先頭にベテランの永田さんに行ってもらい、間に雪山の
デビュー戦の大森さんを入れて、すぐ後ろで田中がカバーを
する体制で前進していく、昨夜の雪で雪面は20~30㎝の
新雪でトップの永田さんにラッセルが重くのしかかる事となる。
八方池あたりから別の3人パーティが追い抜いていただき、
ラッセルを使わせてもらうが、途中で彼らが急登の途中でワカン
からアイゼンに交換している時に追い抜く事となる。
(私たちは以前の記憶で「く」の字に尾根が曲がる前の急登り前に
アイゼンに変えた方が良いと考えていて変えたので時間が掛からなかった)
彼らを追い越す前から急騰用に田中と大森さんはタイトロープを結び、
田中・大森・永田の順で登るが、丸山手前の2250m地点で12:30と
なり、休憩をしながら先の予想をして、3人で相談して、この先に
進んで山頂を踏めば山荘には16時ころになると考え、疲れを感じる
メンバーの状況を判断して2250mを最高点として下山にかかる。
途中でガスの切れ間から不帰方面が少し顔を出してきた、明日は
天気図から午前は晴れると考えたが、明日やるかは山荘で決めようと
山を眺めつつガスの中を山荘に14:30に下山した。

11日(日)朝は快晴で周りの山々が見渡せてスバラシーイ朝となる。
既に昨夜に酒を呑み、山荘のお風呂に入ったら戦意が低下して、写真
撮影のみで1時間ほど上のピークまで行き写真に収めて、下山とした。
一番のリフトで帰りの途につき、自宅には14:30ころ帰還した。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。