FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

黒姫山山スキー◆写真 

菊池です。
2月4日の鍋倉山(柘植さんが報告済)に続いて、黒姫山のパウダーを
堪能できた山スキー報告をいたします。


03 旧ゲレンデの極上パウダーをまず一本頂き

【山域】北信・黒姫山
【日程】2012年2月5日(日)天気曇りのち晴れ、下りで一時ガスにより
視界不良、気温黒姫山稜線で―8~9℃風弱し
【メンバー】CL菊池・鶴田・板橋・柘植・加藤・斉藤・会員外4名
【行程】黒姫スキー場ートップ9:50ー旧ゲレンデ下部2/3滑走ー
 旧ゲレンデトップー北東ルートー稜線ー往路に沿って滑走ー
 旧ゲレンデ滑走ーゲレンデ滑走


・当初、妙高前山を計画したが、妙高地区があまりにも降雪量が
多いため、黒姫山の東尾根を狙った。まあまあの天気に一気に
テンションが上がり、トップで第2リフトの始動を待ったが、
かなりの降雪により、いつものように整備が間に合わなく、30分
以上も待たされ、ツアー開始は9時50分頃、スタート地点では、
50名を超すツアー客で賑わった。

・若者が先行したトレースは電撃的急こう配で、滑りやすいシールや
脚力の弱い方にとっては苦労した。
絶好のパウダーラン日和に、東尾根滑走を目指して直行するツアー
客をしり目に、われわれは急斜面の上部からまず一本、ノートラ極上
デープパウダーを頂いたが、メンバーの満足度はツアーの入口で
100%を超えてしまった。
・登り返して旧ゲレンデのトップに到達、行動食休憩後、先行トレース
を追って稜線に到達したが、最後の急斜面でキックターンに難儀した
加藤さんはギブアップ。東尾根滑走は多数の先行ツアー客に荒らされて
いるだろう、また、再度旧ゲレンデのオープンパウダー斜面を楽しみ
たいという欲望を抑えきれず、往路に沿って滑走した。東尾根滑走は
ルートファインディングがやや難しく、急斜面も多く中級以上のルートで
あるが、今回の滑走ルートは初級~中級でも十分楽しめるルートであった。
ガスで視界がやや不良となってきたが、2回目の旧ゲレンデトップからの
パウダーランは2日間の満足感総結集と相成り、皆さん雄叫びとともに
思い思いのシュプールを描いていた。

+写真集へのリンク+
+H田さんの動画へのリンク+
スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top