FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

雲竜渓谷◆写真 

【山 域】 日光
【ルート】 雲竜渓谷 林道ゲートから雲竜瀑ピストン
【日 程】 2012.1.29(日) 前夜発日帰り
【天 候】 晴れ(7:30 -7℃, 12:40 -2℃
【参加者】 CL 池田(愛)記録, SL 柘植,石井,加藤,藤
【記 録】 林道ゲート7:30 → 洞門岩(河原コース) → 
 雲竜渓谷入口9:20 → 雲竜瀑 → 洞門岩11:35 → 
 林道ゲート12:40    5時間10分 (写真撮影1時間)


10最奥にひかえる雲竜瀑

今回は、ずっと憧れていた日光連山のふもと 稲荷川上流 女峰山の
中腹に位置し、標高1,400mアイスブルーに輝く巨大な氷柱が出る
「氷の殿堂」 雲竜渓谷に行くことにしました。

雲竜渓谷へは、東照宮前の神橋を右に曲がり稲荷川橋手前を左に
入った林道を登って行くと、林道ゲートとなり駐車場となるスペースは
7~8台程度すでに満杯。林道脇にわずかなスペースを見つけ駐車する。
帰る時には林道の両側は車、車、です。スコップ持参の事。

1時間位で稲荷川展望台(工事用事務所の裏)、日向砂防ダムが一望に
見えます。砂防ダム 日本一だそうですよ。
この先の分岐は直進です。右に行くと砂防ダムに行ってしまいます。
駐車場(洞門岩)から林道を行かず駐車場を直進して河原歩きコースを
行きますその方がずっと早くつきます。ここよりアイゼンを付けて行く
方がいいです。

今回はトレースもしっかりしていましたので冷たい水の中に落ちることも
ありませんでした。雲竜渓谷入口より氷の世界に入って行きます。
アイスクライミングをしているパーティが3パーティいました。上からの
氷とザイルに注意です。その先は「氷の殿堂」です。写真撮影や氷柱の
裏に行ったり楽しみました。
くれぐれも頭上の氷に注意! 落ちてきます。

運竜瀑へは小さな滝の右側より高巻して行きます。滝壺は円形上で周囲が
岩で囲まれ正面に大きな氷の柱となり圧倒的な迫力がありました。
下山は来た道を戻りました。
日光温泉は源泉ポンプ修理中で入浴出来ずそのまま帰りました。

雲竜渓谷のシーズンは 1月20日~2月中旬です。
必ずアイゼン、ヘルメット、ストックは持参して下さい
今年は雪も多く気温も低いので条件は良いと思います。
是非一度氷の殿堂へ・・・・
今回は大菩薩縦走が中止になりメンバーには申し訳ないですがやっと行けた
雲竜渓谷。
満足な山行でした。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
雪山 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。