FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

八ヶ岳阿弥陀北稜クライミング 

新人熊倉です。
クリスマス山行:八ヶ岳 阿弥陀北稜クライミングの報告をさせて
いただきます。
初めてリードをやらせてもらいました♪ 
美しい樹氷の森でクリスマスを迎えられたことに感謝して。。。


【期間】12/23~12/25 
【山域】八ヶ岳
【天候】晴れ→曇り
【ルート】阿弥陀岳北稜
【登山方法】アルパインクライミング
【メンバー】CL山田(会員外)・SL熊倉・会員外2名(Mさん・N先輩)
【行程】12/23 5:20千葉駅発 ⇒ 11:00 茅野駅 ⇒ 12:30 
     美濃戸口 ⇒15:30 赤岳鉱泉
    12/24 7:30 赤岳鉱泉発⇒10:30 北稜取付地点 ⇒ 12:00 
     阿弥陀岳山頂 ⇒15:00 赤岳鉱泉
    12/25 7:00 ラッセルトレーニング 10:00 赤岳鉱泉発 ⇒
     13:00 美濃戸口 ⇒ 15:00茅野駅 ⇒新宿

【内容】

この冬一番の寒気が日本列島を覆ったクリスマス。今年もいつもの
メンバーと八ヶ岳。
23日朝、いつものように新宿集合。しかしCLが時間を過ぎても現れない。
そこへ携帯が鳴り「今起きた!」と、連絡あり!
どうやら3時過ぎまで飲んでいたらしい(苦笑)
約1時間後全員揃い、新宿駅を少々遅れて出発となる。
3時まで飲んでいたというのに、列車でもビールを普通にあけている
山田氏。
お酒を飲みすぎるとちょっと困ったさんになることもあるのだが、
“ここぞ”というときは、とても頼りになるのが山田CLである。

美濃戸口から2時間ほど歩き、林道に入ったころから寒さが厳しくなる。
ペットボトルのお茶はすでに凍り始めていた。寒い。
3時過ぎ、赤岳鉱泉に着く。すでにテントがいっぱい。
仕方なしに トイレからは遠いが 一番下の方にテントを張る。
テントの前でくつろいでいると、向こうから見覚えのある人たちが
近づいてくる。
「ん?澤田さん?樋口くん?」
なんと、となりのテントがちば山のテントであった。
やはり、ちば山とは【縁】があるのだなあと感じる。
23日は早々に眠りにつく。テントの中は思ったより暖かかった。

24日イブの朝。4時に目覚める。しかし…熊倉起きられない!
割れるように痛む頭と吐き気。何も飲めない、食べられない。
とりあえず、薬を出して飲み再び眠る。その間 2時間。全く記憶がない。
6時、再び起こされる。頭痛が少し引き、吐き気はおさまった。
7時30分。予定よりかなり遅くはなったが、 阿弥陀へ向かうことにする。
雪が昨年より1メートル以上少ない。北稜取り付きまでの道のりもラッセル
の苦労なく進むことができた。

10時半 取り付き地点へ。他に5人パーティがいた。
(山岳ガイドが1人いて、山田氏の知り合いであった!偶然!その場は
 とても和んだ♪)
CL山田氏とМさん。 熊倉とN先輩の2組に分かれる。
熊倉、はじめてリードをやらせてもらう。
雪が少ないので ちょっと登りにくいと感じる。
山岳ガイドさんが、下からアドバイスをくれた。有難い。
しかし北稜は2ピッチしかないので、あっという間に終了。もう少し登り
たかったな。 
リードは少し緊張したが、やっぱりクライミングは楽しい!
12時。全員無事に山頂に到着!4人で握手。 みんないい笑顔。
下山後は、鉱泉の小屋で乾杯!
ストーブの前で飲む ビールの味は格別♪
イブの夜は 楽しく更けていった。

熊倉 今回の反省点は、体調管理が出来ていなかったこと。
頭痛を鎮める為に、山頂までの間で バファリンを6錠も飲んでしまった。
前日にしっかり水分補給と、深呼吸が出来ていなかったことが原因
にもあると思う。
アルパインクライミングの場合、メンバーが欠けると迷惑をかけて
しまう。今後はきちんと体調管理をしなければと思う。
メンバーのうち3人が高校山岳部時代からの長い付き合いの仲間で
あったので「いつもの頭痛ね!」と私に合せて行動してくれたおかげで
山頂を踏むことが出来た。
メンバーには心から感謝!
本当にありがとう。

初冬の八ヶ岳は空気が冷たく、素晴らしく美しい氷の森であった。
私はやっぱり八ヶ岳が大好きだ。

次は赤岳主稜に登りたいと思う。
スポンサーサイト
クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。