FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

森吉山沢登り◆写真 

村野です。

集中山行参加できず申し訳有りませんでした。
カナダに移住する友人と日本の秋を満喫してきました。


003桃洞の滝

【山域】森吉山
【登山方法】沢登り
【山行日】2011/10/09
【メンバー】村野、他1名
【天気】10/09 晴れ(北秋田市:20/7℃)
【コースタイム】
10/09
 鳥獣保護センター(08:30)-桃洞の滝(09:30)-男滝(10:20)-760m二俣(10:30)-稜線
(11:20)-760m二俣(12:10)-赤水沢源頭(13:00)-兎滝(15:00)-桃洞沢・赤水沢出合(16:
10)-鳥獣保護センター(17:00)

【内容】

 朝からいい天気に恵まれ、今月カナダに移住する友人と東北の紅葉を楽しみに出発
する。桃洞沢遊歩道を辿り、桃洞の滝に出る。写真撮りの人々やキノコ狩りのパー
ティとここまでは人が多かった。桃洞の滝左岸のステップを登ると登山者だけの世界
が広がる。もう自分たち以外誰もいない。ただひたすら錦秋のナメを満喫しながら
ゆっくりと歩く。途中、ピンクのテープに導かれるように本流に行ってしまった。登
山道に出て誤りに気づき760m二俣まで戻り支流に入り、938m下の詰めを目指す。桃洞
沢支流の詰めから赤水沢への下降は薮漕ぎもなく5分ほどで源頭に出る。
 赤水沢も桃洞沢に負けずナメの沢だった。5回ほど懸垂下降を行ったため思ったよ
り下降に時間を掛けた。兎滝が最後の懸垂下降となる。669m合流後、沢床も幅広とな
る。地形図にある登山道はどうも沢そのものようだ。桃洞沢・赤水沢出合まで1時間
ほど歩き遊歩道に戻る。遊歩道からは静かなブナの原生林を散策しながら鳥獣保護セ
ンターに戻った。

鳥獣保護センター駐車場(無料) トイレ有り(センターオープン時間内9:00-16:30)


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。