FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

北岳 

【山域】南アルプス・北岳
【行程】9/13(火) 晴れ/曇り
    松ヶ丘IC(4:50)- 芦安駐車場(7:30)-広川原(8:20-8:50)-
    白根御池(11:40)-小太郎尾根分岐(13:40)-肩の小屋(14:40)
 9/14(水) 晴れ
    肩の小屋(5:50)-北岳山頂(6:30―7:00)-八本歯のコル(7:30-8:10)-
    北岳山頂(9:10)-白根御池(12:00)-広川原(13:30)
【メンバー】 村尾CL 渡辺理SL 古関 細谷(記)


7時30分に芦安駐車場に到着すると、我々を待っていたかのようにすぐに乗合い
タクシーが出発。南アルプス林道は1週間前の台風の影響により、周辺の沢の
水量が多く、トンネル内も大きな水しぶきを上げて走るような状態であった。
広川原のインフォメーションセンターは建てられたばかりで、同センター内は
トイレも綺麗で給水所もあるなど、便利な拠点であった。

つり橋を渡ったあと暫くは沢の音を聞きながら急登の樹林帯を進むが、
展望はなく今ひとつ面白みがない。
急登を終えると間もなく白根御池小屋に到着するが、この小屋も建てたばかりで
かなり綺麗である。また、「おいしい南アルプスの天然水をどうぞ」と書かれた
水場もあり、ここで水の確保が十分可能であった。
ここから、最もキツイと考えていた草すべり(コースタイム3時間)であったが、
2時間程度で難なく通過。小太郎尾根分岐あたりで森林限界を超えたが、周辺は
ガスが立ち昇っており、展望はほとんどない。
途中雷鳥の親子に遭遇し、その姿を写真に収めながらゆっくり進むも30分ほどで
幕営地に到着。テントを設営する間も惜しんで、早速冷えたビールで乾杯し、
明日の晴天を願って早々に就寝した。

2日目は4時半起床。夜明け前の景色を眺めつつ、軽い朝食を済ませ6時前に
幕営地を出発。朝から空気は澄んでおり、北岳山頂まではわずか40分程度の
距離であるが、尾根からは大展望が広がっていた。
山頂にはすでに多くの登山客で賑わっており、富士山をはじめ、広大な
南アルプスの山々、中央アルプスや八ヶ岳、遥か北アルプスまで見渡せた。
山頂でまったりした後、来年バットレスを登るために是非下見をしたいという
Wさんの希望で、八本歯のコルまで一旦下り、暫くバットレスや周りの景色を
堪能した(しかし、バットレスの全容が見えたのか否か、崩落場所がどこ
なのかもはっきりわからず。残念・・・)。再び、山頂を経由しテント撤収後、
下山した。芦安駐車場到着後、金山沢温泉で汗を流した。

今回は、広川原からの入山経験者がない上、入山規制等で前日まで調整が
難航したが、コースタイムも思ったより短く、心配していた乗合いタクシーにも
ドンピシャで乗ることができ、完璧なスケジューリングであった。
CL、メンバーに感謝。


スポンサーサイト
無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top