FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

大黒茂谷 

1か月も経ってしまいましたが、GWの山行報告を送ります。

【山域】大菩薩
【ルート】大黒茂谷
【登山方法】沢登り
【山行日】5/8 晴れ
【メンバー】CL辻本,上茂,花島 会員外4名(Mさん,Hさん,Kさん,Sさん)
【コースタイム】泉谷林道ゲート8:20-大黒茂谷出合9:20~9:30-
        二俣12:30~12:45-1,650m13:40-二俣14:45~15:00-
        大黒茂谷出合16:00-林道ゲート17:00


 今回は辻本さん繋がりのメンバー総勢7名での山行となりました。
前夜は鳩ノ巣で『くさやパーティー』で盛り上がり、パンクの疑いのある
辻本さんの車を置き、2台に分乗して翌朝6時前に出発。

 電力供給のため渇水状態の(多摩川と化した)奥多摩湖を横目に
『道の駅たばやま』に到着。
 トイレ休憩で別の1台に乗っているハズの二人が戻ってこないので、運転手
のMさんに確認すると「そっちの車に乗っていると思っていた」と言う。
こちらはすでに4人乗車しており、Mさんの車には鳩ノ巣でしっかり3人分の
荷物を積み込んでおきながら、今更、何をバカなことをことを言っているのか、
呆れるばかり。即、鳩ノ巣にUターンする。
無事二人と合流し、1時間半遅れでの再出発となる。

 泉谷林道ゲート前に駐車し、林道を歩くこと1時間で大黒茂谷に着く。
Kさんをトップに、沢デビューのSさんをセカンドにして入渓する。

積み重なった大岩のトンネルを潜り抜けたり、腰まで浸かるへつりで
小ゴルジュを突破したり、ナメがあったりと前半は快適な沢を満喫する。

 すると一転、川原歩きとなり、そのうち倒木のオンパレードで二俣に
着いたのはすでに12時30分。
なんだか疲れてしまい、右岸から仕事道が合流してきて、下山もちらつく。
 「ここで、もういい。」という辻本さんを残し、14時に戻る予定で
大滝まで往復する。

用心のため2箇所ザイルを出し、大滝を越したところで下山に移る。
左岸のヤブの薄そうなところを詰め、踏み跡(けもの道?)に出る。
二俣に降りている尾根までトラバースし、あとは一気に駆け降りたいところ
だが、倒木交じりの急な笹ヤブに手を焼き、ペースが上がらない。
予定の時間から遅れること45分。「辻本さん、お待たせしました。」

 大黒茂谷に沿った仕事道は、沢からかなりの高さがあり、中だるみする
川原歩きのショートカットには使えそうにない。
 山道を1時間下り、さらに林道を1時間歩き本日の山行は終了。

『のめこい湯』で湯に浸かり、鳩ノ巣で解散。
辻本さんの車はやはりパンクで、どうやら気仙沼に被災地支援にいった時に、
釘でも拾ったようです。
スタンドでパンクを数箇所修理(1,500円)し、滝山でラーメンを食べて帰葉
する。

長い倒木交じりの川原歩きがなければ、前半のルート選択の楽しさや後半の
大滝、しっかりした下山路を考えるとつくづくもったいない沢だと思います。
「もう一回行くか?」と聞かれたら、迷わず「行かない」と答えるでしょう。

スポンサーサイト
沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。