FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

笊ヶ岳◆写真 

柘植です。ランカン尾根から笊ヶ岳に登頂し、転付峠までの縦走を計画しましたが、
深雪と強風に阻まれ、笊ヶ岳のみのピストンとなりました。

14残念ながら悪天と強風のため撤退を決める

【山域】南アルプス 【ルート】笊ヶ岳ランカン尾根
【日程】4/28(木)夜発 4/29(金)~5/1(日) 【天候】曇り/時々晴れ/時々雨 全般に風強し
【参加者】 CL柘植、吉川
【記録】

4/29(金) 早川町役場(駐車)6:05⇒(タクシー)林道ゲート6:50→大金山8:00→12:40幕場2100m付近
 予約したタクシーで戸屋林道を行けるところまで行ってもらう。ゲートは標高約900m、料金は高かったが体力と時間のセーブはありがたい。ゲートから大金山山頂付近まで約50分、ここからランカン尾根の登高が始まる。道はあまり明瞭ではないが、ところどころにテープがあり、また登りなので迷うようなところはない。ただヤブあり岩ありのうえ急な上り下りが随所にあり、おまけに水4Lを背負った重荷なので結構つらかった。雪は2000mを超えるあたりからチラホラ出てくる。
まだ時間はあるがこの先幕営適地がなさそうな2100m付近にテントを張る。のんびりお茶を飲んでいるとガサガサという物音。付近に熊の爪痕がたくさんあったので一瞬身構えたが、後続パーティーであった。先方もこんなところに人がいたとびっくり。彼らは地元のパーティで明日は笊ヶ岳をピストンして帰るそうである。夕刻先方のテントにお招きいただき、楽しいひと時を過ごせた。

4/30(土) 幕場5:35→9:35笊ヶ岳9:50→13:20幕場
 地元パーティに15分くらい遅れて出発。しばらく進むと地図でも大きなガレマークになっているところにさしかかる。ルートは不明瞭、急なヤブ岩の登下降があり、去年敗退した南ア深南部の釜ナギのミニ版のよう。ここを重荷にあえぎながらなんとか通過すると雪も深くなってくる。先行パーティの足跡があるが、ときどきヒザや股付近までズボッともぐり、体力の消耗が著しい。小笊の山頂に立つと前方に大きく大笊がそびえ、山頂には先行の6人パーティの姿が見えた。このころはすっかり曇り空になってしまい、我々が大笊に登頂したころはかなりの強風。天候は前倒しで悪化しているようで、この深雪での
縦走は困難なことから往路を引き返すことにする。一昨年転付峠から白根南嶺を農鳥岳方面へ北上したときとくらべると雪量はかなりの違いだ。帰路も慎重に歩くがズボズボに悩まされる。
幕場で再び地元パーティと交歓できるかなと思ったが、彼らはすでにいなかった。

5/1(日) 幕場5:45→大金山8:15→戸屋集落→11:50早川町役場
 夜中は猛烈な風が吹いており、これに雨が加わったら大変と心配していたが、雨は小降りで撤収も問題なし。登りで通った道とはいえ、下りは難しい。慎重に地図を読みながら無事大金山の林道に戻ることができた。
縦走はかなわなかったが、笊ヶ岳ランカン尾根は十分な達成感を味わえる好ルートであった。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。