FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

四阿屋山◆写真 

堀内です。四阿屋山(奥秩父)山行報告です

13 吉野梅郷A

【日時】2011年04月17日(前夜発) 
【目的地】 四阿屋山(奥秩父)
【メンバー】CL柘植、渡辺(理)、大木、堀内(記)       
【天候】晴れ 
【コースタイム】
両神温泉7:00 →山頂10:00→両神温泉11:30
【ヒヤリハット】なし

【内容】

 当初、タカマタギの残雪歩き(テント泊)の予定であったが、天候により中止
。狩倉尾根(両神山)の日帰り山行となった。しかしながら、地震の影響で道が
崩れており、間もなく撤退。近くの四阿屋山(奥秩父)に日帰りハイクとなった。

 前夜に集合し、車移動。道の駅で3時間ほど仮眠し、登山口まで向かった。狩倉
尾根は両神山から南へ延びる梵天尾根から西に派生する尾根。歩行時間10時間以
上とのことで、気合を入れて出発。なんとか登山道らしき道はあり、それを辿っ
ていくが、地震の影響で道が崩れており、リーダー判断により撤退。30分あまり
で下山し、近くの四阿屋山へ向かった。上級者向けとなっているつつじ新道から
登ることを目指す。しかし、地図かないため、看板を頼りに、進むが距離感が分
からず、なかなか登山口に着かず。地元の人道を聞くが、まだ先とのことだった
ので、道を戻り道の駅付近の入り口から、登る。山が変わることも考え、周辺地
図を持って行った方が良いと痛感。
 道中は、春らしく花々が咲いており、桜もちょうど良いタイミングであった。
福寿草が有名な山らしく園地もあったが、残念ながら時期は少し遅く見られなか
った。山頂前の急登を越え、やや狭い山頂に到着。山頂からは、両神山はじめ秩
父や奥多摩の山々が見えた。時間も有るため、まったり過ごす。年配の男性に山
頂で集合写真を撮ってもらうが、「家族ですか?」と。。父と子3人組に見えたよ
う!?
 下山は、お父さんに連れられ、上級者向けとなっているつつじ新道から下山。
急な岩場も有り、一か所はロープで確保しがら降りた。帰りは、車道を30分ほど
歩き道の駅に戻る。お土産を物色し早めに帰葉した。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top