FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

笹子雁ヶ腹摺山◆写真 

【山域】大菩薩 【山名】笹子雁ヶ腹摺山
【日程】2011年2月20日日帰り 【天候】曇り時々晴
【参加者】CL柘植(記)、大木、村松、石井、石川
【記録】甲斐大和駅9:40→13:10笹子雁ヶ腹摺山13:30→15:40笹子駅


12笹子雁ヶ腹摺山の山頂です

甲斐大和駅を降りて改札口を出たところで方向音痴になり、しばし迷うが
なんとか目的の登山口をみつけてやぶ尾根にとりつく。北面の尾根なので
下から雪があるかと思ったがほとんどない。かなりの急登だが踏み跡は明瞭で
この尾根を歩く人は結構いるようだ。1ピッチで側稜を登りきり尾根の背に出る。
ここからは緩やかに主稜線まで登るだけ、目指す笹子雁ヶ腹摺山がピラミッド状
にカッコよく見える。中間付近からはやや積雪も増えてくるぶしくらいまでくるが、
雪山ハイクらしくなって楽しい。この枝尾根は主稜線に近づくと傾斜も増し、やせて
きて注意が必要だが慎重に登りきる。左折して30分程で笹子雁ヶ腹摺山に到着。
ここで今日初めて3人組に出会った。やはり甲斐大和駅基点で米沢山への尾根を
登り、我々が登った尾根を下山するとのこと。いずれも昭文社地図にはルートとして
記載のない尾根だが、この時期来るようなマニアには楽しい場所なのだろう。
高曇りだが富士山や南アルプス連峰、八ヶ岳~奥秩父の山並が見渡せて大満足。
ここからは一般ルートだし南面の雪のない登山道なので、途中で小休止しただけで
一気に笹子駅まで頑張った。曇りの予報だったが、時々陽も差すまずまずの天気。
ちょっと変わったマイナールートからの雪山ハイクを満喫できました。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top