FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

西穂高岳◆写真 

【山域】北アルプス:西穂高岳
【日程】2/10(木)~/12(土)
【メンバー】CL田中 三代川 安岡(記) 会員外(安岡の娘・T)

【行程 10日(木) 津田沼(22:45)ー新穂高温泉(4:00)
    11日(金) 新穂高温泉(8:30)~ロープウェイ~西穂高口(9:30)ー西穂山荘(11:00)
    12日(土) 西穂山荘(7:15)-西穂独標(9:45)-西穂山荘(12:30)-西穂高口(14:30)
         ー新穂高温泉(15:30)-松本(19:00)ー津田沼(22:00)


13雪が強くなる


11日(金)天候:粉雪、無風

連休前夜に千葉を発ち新穂高温泉へ4時に到着。ロープウェイ中継地の白樺平入り口もふもとの有料Pもゲートは閉鎖されていたが、バスターミナル横に設けられた「登山者用無料P」へ停めることができ3時間ほど仮眠。10日朝は小雪が舞いつつも明るい夜明けを迎えた。9時の始発に合わせてロープウェイ乗り場へ行くとすでに観光客や登山者が列をなしており、運行開始は8時半に繰り上げられた。一気に2156mの展望台へ上がれるゴンドラは人気のようで外国人客も多く見られた。窓からは笠ヶ岳、焼岳や遠く乗鞍岳なども望むことができた。西穂高口を出たところに作られた雪の回廊は壁の高さだけでも3m位はあった。準備体操後、初めての冬の北アルプス挑戦に少しの緊張と期待をもって歩き出した。登山者は多いらしくトレースは幅広いしワカンも必要なかった。アップダウンを繰り返しながら深雪の樹林帯歩きを楽しんだ。小休止を二回ほど挟んで西穂山荘に到着。翌日の予報が良くないので引き続き独標まで行くことを目指していたが、時間的に余裕が無いとみて行動終了とした。小屋内では温かいストーブが焚かれ、窓や天井にもエアマットが張られてフリースさえも要らないほど。貸し湯たんぽ(250円)まであるので寒がりの方も安心です。持ち込みOKの食堂で昼食をとり、その後はお昼寝もして寝不足解消とすっかり寛ぎモードに入る。小屋ご飯は美味しいし西穂ラーメンもおすすめです。翌日に備え田中さんからロープマンの使い方、笛の合図などを教わる。確保してくださるとは言え失敗したくないのでしっかりと頭に入れる。7時頃に早々と就寝。~当日の宿泊客は予報が悪かったため30人ほど。前日は7,80人だったそうですから晴れる週末は混み合うこと必至だと思われます。

21日(土)天候:雪のち吹雪

5時起床。午前中が勝負とみて朝食後すぐに出発。しっかり雪が降っており期待できる天候ではないが幸いなことに寒くない。私達はサブザック程度だが田中さんは8mm・30mのロープ等で荷重大だ。丸山の手前から三代川さんを除く三人でロープを装着。先頭は三代川さん、そして田中さんーT-私の順に縦列で歩く。ロープに慣れていないので扱いに気を遣う。自分の足下にも注意をはらわなくてはならず気が抜けない歩行が続く。薄雲の背後に太陽がちらりと顔をのぞかせる瞬間もあったが降雪のため視界は悪い。前方に独標の独特のシルエットが時おり薄ぼんやりと見える。風は少しずつ強まってきているがはっきりしたトレースをゆっくり確実に辿る。小屋から2時間ほどで目前に独標が現れた。夏には躊躇なく往復した頂も雪を纏うと威容で近づき難い場所に見え、一瞬息を呑んだ。直下の斜面を上下する人達も慎重な様子だ。一つ手前のピークの下りは高度感があって気を使うところ。先に下りた三代川さんがピッケルを打つ位置や足の置き場を指示してくれたので難なく降り立つことができた。後から降りてくるTに声を掛けながら見遣っていたその時、独標の方でなにやら気配がしたので振り向くと上高地側の斜面を雪を絡めながら滑り落ちる人が見えた。事故発生だ。下方に目をやるとその先は更に落ち込んでいる。固唾をのんで見ていると寸前で止まった。がその人は微動だにせず呼びかけにも全く反応しない。周りの空気が重くなる。救助隊を待つしかない状況の中を登る人下る人それぞれの方向へ進んで行く。田中さんが下山していく一人に声を掛け(彼らは4人パーティだった)、また残って仲間を見守っている二人にはツェルトに入って自身を護るよう促した。風雪の勢いは確実に増してきており留まっていると凍えるのは明らかだ。私達は最後の登りに向かった。つい先ほど事故が起きた現場も通過点だ。上部では田中さんが確保してくださっているが自分の四肢の置き場所に意識を集中して一歩一歩を確実に運び上げる。そして2701mの独標に立った。目の前に仰ぎ見る西穂高岳に続く稜線は風雪に煽られてはおいそれとは踏み込めない領域に見え、ここまでと決めリーダー田中さんに伝えた。雪に顔を打たれながらの記念撮影もそこそこに下山にかかる。三点指示の意識を外すわけにはいかない場所だ。三代川さんのアドバイスとサポートに助けられました。登りの時より格段に雪が嵩を増しざっくりと足が潜る。ツェルト内の二人に下山を勧めて下っていると私達に従うように降りて来られた。なだらかな尾根を辿るルートだがすれ違ったパーティの足跡が瞬時に消えるほどの強風で身構える。赤布の付いた目標も目視できれば頼りになるが吹雪の中では無いも同然。前方のパーティが見えても地図とコンパスで進路を見定めて進んだ。一報を受けて小屋から上がって来た方達と行き合ったので二人を交えての確認作業に立ち合う。12時前無事小屋へ帰還。二人は小屋へ入り私達はパッキングし直してそのまま西穂高口へ下った。車の屋根にも積雪30cmほどで雪下ろしが必要な状態。新穂高温泉を後にしてから途中平湯温泉に立ち寄って温泉に入り、順調に帰葉しました。

今回の山行ではあらゆる面で自身の登山に対する心構えの甘さを思い知らされ、これから続けていく上での戒めとしてとても貴重な体験となりました。

追記:遭難者の男性は三日後の14日に発見、搬送されました。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。