FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

平標山スキー◆写真 

長池です。
上越平標山スキーの報告です。


平標山スキー写真

【日時】2011年2月6 早朝発日帰り
【メンバー】CL長池、渡辺俊、加藤、吉川、住田、
【天候】曇りのち晴れ
【タイム】
 8:05三国小学校前路肩-8:46ヤカイ沢出合-9:35沢詰-12:32最高点(1804m)-
 14:30沢詰雪原-15:01ヤカイ沢出合-15:30三国小学校前路肩

【内容】

”腐れ雪でも雪は雪”何というとスキー野郎のワイルドな一言。に吊り込まれてパウダー
など望むべくもない温かな空気に包まれた上越に向かう。

平標登山口駐車場はこの時期除雪が行われていないため、三国小学校前の路肩に開かれた
駐車スペースにすでに10数台の車が停められており、平標山は結構な賑わいだ。

休学中の小学校の脇を抜け、別荘地内の除雪路を辿ると、除雪末端からシール登行となる。
ヤカイ沢の雑木林にはすでに多くのトレースがあり、おかげで沢詰まで楽々と達する。

他の登山者は全て沢詰から右尾根の一般ルートに向かうが、我々は誰も踏んでいない正面
尾根に取付く。去年見つけて名付けた、自称「ちば山」ルートである。

のっけから急登となる。雪は、表面が軽くクラストした”ちび最中”で、下は踝が埋まる
程度の柔雪。切り返しには結構苦労する。加藤さん、板のトップが上がらずもがいている。
”あらら、後ろへひっくりかえってしまった!”

高度を上げるにつれブナ林は次第に開けて、白く大きく急なオープンバーンが伸びあがって
いく。しかし、風が吹き抜ける部分は硬くクラストし、凹面は柔らかな深い雪といった具合
にサーフェスは様々に変化する厄介な雪質だ。

やっ!目の前を何かピョンピョンと飛びはねていくものがいる。白うさぎだ!

1700mを越えると次第にハイマツやダケカンバの樹間が密になって、雪面の凹凸が大きく
シールではなかなかに厄介だ。その上、強い風にガスも濃厚になってきた。

問題は雪質だ。硬くパックされた10cmほどの新雪の下は、3cmほどの一面の青い氷層が
あって足を出すとツーと滑る。弱層とは言えないが滑るには気持ちが悪い。

この風に山頂を踏む楽しさもなく、藪の登りは厄介だし、雪質も怖い、ということで軟弱
にも1800mで終了とする。

さて滑降だ。”鉄板モナカ?”は我々の滑降技術を受付けてくれない。2曲り、いや1曲り
がやっとだ。エッジを取られてドーッばかりに転倒する。柔雪の部分で雄叫びをあげても
パック雪で急ブレーキを踏まれてたたらを踏む。それでもヤカイ沢の床に達するのはあっと
言う間だった。

雪原に出る頃、空は晴れあがり平標の稜線が眩い。ヤカイ沢の正面壁には1本のトレースも
ない。上がった者たちは全て一般ルートを下ったようだ。陽光と白い景色にうっとりとし、
長いティータイムに心癒されて今日の変則ツアーの幕を引く。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。