FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ミズヒ沢から鍋割山◆写真 

定例ハイキング鍋割山の別動隊としてミズヒ沢から鍋割山に登りました。

01コース概念図

【山域】丹沢 【コース】ミズヒ沢 【日程】11/27(土)~28(日)
【天候】晴れ 【参加者】CL柘植(記)、上茂、渡邊3、辻本
【記録】11/27:表丹沢県民の森9:50→二俣10:15→(ミズヒ沢遡行)
         稜線13:10→鍋割山荘13:30
     11/28:鍋割山荘8:05→小丸→二俣→10:05県民の森


11/27(土)表丹沢県民の森は田中さんからの事前情報通りすごい車。
今鍋割山のメインルートは大倉ではなく、こちらからのようで、かろうじて林道に
クルマを停める。二俣を通りすぎてミズヒ沢出合までは35分程度か。大勢の
ハイカーの物珍しそうな視線を背に、沢支度して入渓する。すぐに登場する25m
大滝は表丹沢では屈指の規模と思われるが登れないので左岸から大巻き。
この上のゴーロに小熊が出たという直前情報があったので、熊鈴をチャラチャラ
鳴らしながら行くが、残念ながら出会えなかった。しばらく行って出会う3m滝は
小さいが結構楽しめる。そのあとは単調な谷を進むと7m+5mチョックストン滝に
出会う。ここはこの沢で最も楽しめるところで、下部はつっぱり気味に、上部は
柘植・渡邊3・上茂は思い思いのルートで登り、辻本さんにはロープを出して
登ってもらう。さらに進むと最後のコケむした12m滝。ひどくもろそうで登れる気が
しないので、左岸高巻き。そこから上はひたすらガレをつめて、入渓から2.5時間
で稜線に出た。鍋割山荘はすぐ上だった。山荘に着くと間もなく田中Pと合流し、
早々と宴会開始。そのときの様は筆舌に尽くし難く、ちば山の品位を下げたという
批判もあるかもしれないが、とても楽しい夜でした。

11/28(日)田中Pは後沢乗越経由の最短ルートで帰るそうだが、我々は小丸経由
の尾根コースで下山する。上部の落葉した冬枯れの景色、下部の紅葉の彩りが
すばらしいコースでした。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top