FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

北八ッ 

「北八ッ彷徨」山行報告です。
【日時】2006年10月8日~9日
【場所】北八ッ・蓼科山
【メンバー】CL 菊池、田中、菅井
【行程と天候】
第1日目:晴れ一時曇り、風強し 気温3℃~5℃
麦草峠(2120m)8:00-茶臼岳-島枯山(2403m)-雨池峠(2204m)-三ッ岳(2360m)-13:09横岳(2472m)-大岳-15:48双子池(2028m)テント宿泊
第2日目:快晴 気温最低1℃
双子池6:33-双子山(2223m)-7:46大河原峠(2086m)-9:45蓼科山荘(2353m)-10:17蓼科山(2530m)-蓼科山荘-12:247合目登山口(1902m)-タクシーで麦草峠(9990円)

山口耀久の「北八ッ彷徨」を読むと、自然に北八ッの魅力に引き入れられる。予想どおり、いやそれ以上の素晴らしい彷徨であった。標高2000m前後から2400m前後のピークをいくつか上り下りし、宿泊地の静かに佇む双子池は、針葉樹林の深緑のなかに湖畔の多彩な紅葉樹と湖面が見事なハーモニーを醸し出していた。三ッ岳への登りから横岳、大岳付近から双子池への下りは大岩の登山道のため、最後まで気が抜けず、体力を消耗した。2日目は気温1℃文句ない快晴、キーンとした冷気の中を出発。
なだらかな双子山の山頂では、絶景の大パノラマ、南アルプス、真白に雪化粧した北アルプス、霧氷の蓼科山、澄み切った冷気の中、デジカメをとりまくった。大河原峠ヒュッテでトイレを借り(200円)ネイチャースキーjシーズンの情報を得た。前掛山から蓼科山荘へは蓼科山の三段染め(霧氷の白・針葉樹の緑・紅葉)に青空・立ち枯れなどのめったに経験できない絶景を楽しめた。この時期、圧倒的な紅葉を楽しむ山行もよいが、多彩な赴き深い北八ッ(昨年までは興味なかった)もいいですよ。今度は夏沢峠から白駒池の秋を計画したい。
スポンサーサイト

△page top

« 10/9 奥秩父・ヌク沢左俣・右沢
10/8 会津駒 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/73-e2a71cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。