FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

秩父槍ヶ岳◆写真 

柘植です。台風一過の好天をとらえて秘峰?秩父槍ヶ岳に行ってきました。

10■○△◇茸

 【山域】奥秩父 【コース】秩父槍ヶ岳(相原橋からの周遊)
 【日程】9月26(日)前夜発日帰り 【天候】晴れ
 【参加者】CL柘植、SL石橋、吉川、渡辺(理)
 【行程】相原橋6:20→8:10秩父槍ヶ岳8:30→(1450m峰経由)11:10相原橋


前夜は道の駅大滝温泉に泊り、早朝登山口の相原橋を出発する。15分くらいで
野鳥観察小屋に到着。去年吉川さんと中津川から石楠花尾根を登ったときも
この手の小屋があり、秩父市はこういうのが好きなようだ。ただ両者ともすでに
管理は放棄されている印象で訪れる人も稀な感じがする。登山ルートはここで
二つに別れ、我々は沢沿いルートは下山に使うことにして、入山注意のロープを
くぐって槍ヶ岳直登ルートに向かう。ここは一本調子の急登が続くが、野鳥の森
終点標識までは結構よく踏まれており、ここまではまだ登る人は多いと思われる。
終点標識から先はとたんに踏み跡が薄くなるが、基本的に尾根を外さなければ
迷うことはない。最後は古いFixロープなどが出てくるが問題なく登りきり、秩父
槍ヶ岳山頂に到着する。展望がないのが残念だが一応記念写真を撮って縦走
に向かう。縦走路は一旦槍ヶ岳を下って再び登りに転じ、槍ヶ岳よりも100mも
高い1450m峰を目指すので、メインの山を越えたあともずっと登りが続く。
途中展望を期待するが相変わらず見えそうで見えない状況が続き、ストレスが
溜まる。天気は良いのに結局最後まで展望イマイチのまま周遊して相原橋に
戻ってしまった。途中キノコがたくさんあり、笑える写真が撮れた。午前中に
下山してしまったので、大滝温泉でのんびりし、道の駅のハシゴをしてたら
渋滞にハマってしまい、結局いつも通りのそれなりの時刻に千葉に戻った。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top