FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

北穂高岳滝谷第4尾根◆写真 

北穂高岳滝谷第4尾根登攀報告をいたします。
文責:田中孝平


25ちば山ホーム写真どうだ
期日:平成22年9< /span>月17日(金)夜発~20日(月)
   登攀日 平成22年9月19日(日)天気晴れ
メンバー:田中(CL)横山(SL)渡辺(三)大塚
行程:17日18:00千葉発=0:00沢渡駐車場着(仮眠)
18日5:30沢渡発=タクシー=6:00上高地着~明神~徳沢~横尾~涸沢~南陵~北穂南稜の
  肩キャンプ地15:30 着(BC設営)
19日BC5:00発~途中小屋で用足し~松浪岩横より滝谷C沢へ下降開始5:30~スノーコル
  8:10 登攀開始8:30~終了14:00 縦走路~ドーム~BC着15:00
20日6:30テン場発~往路を下山~上高地14:00着=タクシー=沢渡=途中入浴して
  往路を帰還=自宅23:00着

行動:

18日 登攀用具の入った重いザックが肩に食い込む中で南稜を目指して歩き出す、
何度も何度も通った道だが、今回は6年ぶりの滝谷であり、ボッカ訓練と数度の山行で
足が慣れ、快調に進む。涸沢小屋で昼食として麺類とおでんで食事を済ませて、本日の
難題の南稜肩への登りを開始して、喘ぎ喘ぎしながらも、たどり着く。(すぐにテント
設営届と水の購入に北穂小屋へ)
軽量化の為、フリーズドライ食品での食事とビールで乾杯の後、明日に備えて就寝となる。

19日3:30起床で5:00BCを出発(途中で北穂小屋で用足しをする)松浪岩の横よりファーネス
と懸垂用具とハーケン・細引きハンマーを装備して、滝谷C沢に入り下降を開始する。
ドーム側の壁と2尾根側の壁に囲まれた急な狭い沢は沢と言うより、大小の石ころの積み
重なったガレの斜面を下る状態と途中に4か所ほど枯滝があり、ここは安全を優先して
懸垂下降で下る。
間もなく、奥壁側の右俣との合流点となり、二股を横断て、対岸の4 尾根スノーコルに
達する。スノーコルで身支度と腹ごしらえの後に、田中=渡辺組(三ちゃんがリード)
と横山=大塚組(つるべ方式)で登攀開始する。
時間短縮の為、三ちゃんの作る支点(ヌンチャクおよびカム類)はそのまま残置して、
後続の横山組のリードが使用して、セコンドが回収したのを田中が受け取りリード
三ちゃんに渡す方式を実施する。
最初のAカンテ付近は階段状で、足慣らし程度であり、やがてBカンテより登攀らしく
なってくる。リードの三ちゃんの軽やかな登攀で快調に攀じる。後続の横山~大塚組は
つるべで進んできて、田中は煽られながらリード三ちゃんの支えと後続リードトップ者に
ご支援をいただき、楽しく4尾根の岩場を味わいながら登る。

Cカンテからツルム正面壁を超え、頭より30mの懸垂下降後にフェース・チムニー・
Dカンテと核心部となり、此処も私以外は力強いクライミングで超えていく。
(田中はチムニーでの登りの向きと体制変換のタイミングを忘れ、手足のしびれを感じて
居たところに後続のOちゃんの一声で背中側の岩に足を張る体制を6年ぶりに思いだし、
超える事ができた:有がたや!)
Dカンテへは最初のフェースを細かな快適なホールドスタンスを捉えて登り、チムニーは
足と体の一部を入れジャミング気味にせり上がり、抜ける手前で体を反転して背中側の
スタンスに乗り、立ちあがり、上部テラスへ抜ける。最後はDカンテの核心部となり、
2~3mのカンテだが、かぶり気味であり緊張させられるが、正面左側の細かいホールド
スタンスより上がり、最後にせり上がるところに良く見ると右側上部角に支点があり、
これを捉えてグイと体をせり上げてカンテ上部に達する。

ここからは傾斜も緩み、最後のピッチを終了点となる。
ここで、ザイルを解き、痛いクライミングシューズを脱ぎ、登山靴スタイルとなり、
縦走路にまで歩き、完全に登攀が終わる。
後はテントまで小一時間で、たどり着き、その後は北穂小屋で乾杯となる。

20日 夜半より降り出した雨の為、食後はテント内で2人ずつ荷造りを
行い、準備の後 雨の北穂南稜を跡にする。
滝谷の登攀が無事に終わり心軽やかに「雨雨フレフレ~ピッチピッチチャップチャップ~
ランランラン」と足元に気を付け、< /o:p> 歌声と共に涸沢へ下る。
あとは長い道のりをただただ、足を前後させて上高地へ突き進む。
沢渡からは入浴後に渋滞の中、23時に帰還となった。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top