FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

9/24 鳥屋待沢・右俣 

【山域】丹沢 【場所】鳥屋待沢・右俣 
【日時】2006年9月24日(日)日帰り
【コース】煤ヶ谷→鳥屋待沢出合→(右俣経由)大山三峰山→広沢寺
【メンバー】CL柘植、小俣 【天候】晴れ
【内容】
鳥屋待沢右俣は今年何回目かの計画、これまでは天候のためすべて計画倒れに終わっていたが、今回ついに晴天をGETできた。大堰堤上の河原で準備して10時に出発。1時間ほどで大滝に到着。左俣には2年前に来ているが、そのときは大滝を巻いているので今回はこれを登るのも目的の一つ。ガイドに従って左壁を登る。そこから先はゴルジュ状で結構手ごたえのある遡行が続く。このあたりはたぶん前回は大滝の巻きでパスしてしまったところだろう。二俣で休憩して初めての右俣に入る。出合の滝は登れないので踏み跡に従って左岸から巻き。しばらく行くと再度二俣に分かれる。明るい左が魅力的だが、今日目指すのは暗く狭いゴルジュ状の右だ。ここからはチョックストーン滝を次々と乗越す遡行が続く。どれも結構厳しく、2度くらい小俣さん肩を借りた。すぐそこに稜線が見えるところまで来ると最後の二俣。ここも左は明るく、すぐその先に尾根が見えているのに対して、右はまだ狭い谷が折れ曲がりながら続いている。もうゴルジュとチョックストーンには飽き飽きしてきたので、左に入る。グサグサの斜面に悪戦苦闘しながらようやく尾根に出る。ここは枝尾根のようで薄い踏み跡がついている程度。ここを10分ほど登ると主稜線のハイキング道に出た。下山は山頂から不動尻経由で広沢寺に出た。鳥屋待沢右俣は思いのほか厳しくて疲れた。もう大山三峰山の東面の谷太郎川の沢はすべて登ってしまったので少し寂しい感じもする
スポンサーサイト



△page top

« 9/25 富士山
9/21~24 北岳バットレス4尾根 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/67-8b215f49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top