FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

滝川本流沢登り◆写真 

辻本です。滝川本流の記録を報告します。

08 コレさえあれば今日の苦労もなんのその

滝川本流遡行~古礼沢遡行(滝川支流金山沢下降~滝川本流下降)
【参加者】CL:上茂 渡辺(三) 辻本
【7月18日】出会いの丘駐車場(AM7:00)~天狗トンネル先下降(8:30)~金山沢下降(PM2:00)~滝川本流出合いテント場(PM4:30)
【7月19日】テント場出発(AM8:00)~滝川本流下降~豆焼沢出合い(AM12:00)~水平道(AM12:45)~天狗トンネル上(PM5:30)~国道(PM6:00)~出会いの丘駐車場(PM6:30)


当初の計画では滝川本流を遡行し古礼沢を上がる計画であったが、ルートミスや体調不良で金山沢下降~滝川本流下降となった。出会いの丘を快調に出発したが、シェルターを天狗トンネルと間違え、豆焼沢に下降してしまった。再度登り返し1時間のロス。天狗トンネルを過ぎ釣り人への注意書きがあるポイントで下降。途中の水平道から下流に立派な吊橋があり、釣り小屋への山道と判断し入渓の遅れを取り戻すべく先を急いだ。
山道は崩壊が多くアップダウンもあり、山を巻くため沢と沢との間隔が、滝川本流の遡行図上の距離感と違い、また増水のため水量のある枝沢が山道と交わったりしたためか、曲沢を金山沢と誤解してしまった。その内、私の膝が痛み出し、協議の結果、釣小屋付近でビバークと決め、槙の沢と思ったところを下降したが、本流手前の滝で金山沢と判明。その滝も巻き道が崩壊していて、更なる高巻を強いられる。Fixロープ、4ピッチの懸垂下降など2時間はかかった。本流に降りたったのは4時を過ぎていた。本流を渡渉し、以前はテント場と思われる縦に3人が眠れる平地にタープを張った。このテント場は平水時から3mほど上である。これが抉られているのだから、その時の水量を推測するとぞっとする。三チャンが岩魚を4匹ゲット。焚火も順調に燃え、1日の疲れを酒で癒す。

 翌日は私の膝と疲労度を考え、滝川本流を下降する。8時にテント場を出発。昨日より10cmは引いた水流を、右に左にと上の廊下をイメージしたスクラム渡渉を繰り返し、時には流されしながら昼頃には豆焼沢出合いに着く。山道よりもはるかに早い。少し豆焼沢を上り、適当な所で国道を目指して上った。
12時45分頃水平道に着き、遡行完了を祝う。が、今回の核心はここからであった。元の道を上がれば30分も掛からずに国道に出るものを、近道とばかりに岩尾根を上がる。やがてザイルで確保しなければ危険な泥壁になり、トラバースもできない。上へ上へと突き上げられ、岩場に巣作く鷹の「ピーピー」という鳴き声が聞こえ始め、いたずらに時間が経過する。気が付けば道路は100mほど眼下にあり、天狗トンネルの上の天狗岩に上がってしまったことに気付く。懸垂を繰り返し、最後はトンネルの出口上から国道に降りたった。5時間あまりの天狗岩クライミングルート開拓をやってしまった。
駐車場へ戻る足の重いこと。泥に汚れた沢靴が舗装路をベタベタ、登攀具がチンチャラと虚しく鳴り、過ぎ行く車からは奇異の目で見られながら、暮れ出した出会いの丘駐車場に着いた。
出会いの丘では携帯が繋がらず、山行管理に連絡を取るため里への道を急いだ。
下山連絡が遅れたことをお詫びします。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top