FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

白馬岳~親不知 

柘植です。ここ2年くらい毎年計画しては潰れていた懸案コースに
三度目の正直でようやく行ってこれました。


【山域】北アルプス  【コース】白馬岳~親不知  【天候】晴れ
【日程】7/16(金)夜発 7/17(土)~19(月)  【メンバー】柘植単独
【記録】

7/17(土) 猿倉0620白馬尻0720村営宿舎1110白馬岳1200雪倉避難小屋1400
 今日の天気予報は曇り/雨(午後雷雨)というものだったので雨中行軍覚悟
だったのだが、予想が外れたか良い天気だ。猿倉から大勢の登山者とともに
大雪渓を登る。山頂には昼前に着いたが、ほとんどの登山者は山頂直下の
山小屋に吸収されてしまい、一部の人が山頂をピストンするぐらいで、山頂から
先へ足をのばす人はほとんどいない。三国境までは栂池方面からの登山者に
わずかに出会うが、雪倉方面への道に入るともう皆無。雪倉避難小屋には誰も
いなかったが、夕方もう一人やってきてやはり栂海新道とのこと。地元安曇野の
人で、信州の山のことをいろいろ教えてもらう。夜トイレに起きて小屋の外に出て
みると満点の星、眼下には大町あたりだろうか街の灯りがとてもきれいだった。

7/18(日) 避難小屋0430朝日岳0950黒岩山1300犬ヶ岳1615栂海山荘1630
 朝から快晴で元気に出発する。同行者と話がはずみすぎたか、朝日岳へ直接
向かう分岐を見過ごして水平道に入ってしまう。このため1時間以上遠回りとなり、
朝日岳着は10時前になってしまった。山頂からは春に行った僧ヶ岳~毛勝三山が
なつかしく眺められる。ここから黒岩平までは全体としては緩やかな下りで、池糖と
お花畑のすばらしいルートだ。ただ黒岩山から先が厳しかった。標高も1600mと
落ちてきているし、午後の一番暑い時間帯。難行苦行の末に栂海山荘にたどり
ついたのは16時半、なんと12時間行動になってしまった。栂海山荘には今朝朝日
小屋を出発した人を中心に40名くらいいたと思う。小屋前は展望のよい広場に
なっており、小屋は混んでいるようなので、今日は持参のテントで過ごす。
夕方日本海に沈む夕日をみつめていると、ここに来てよかったとしみじみ思う。

7/19(月) 栂海山荘0420白鳥山0800坂田峠1010親不知1350
 昨日の疲れが抜けておらず、なんとなくだるいが、あこがれの日本海に向かって
出発する。今日はゴールが日本海(海抜0m)なので、当然全体としては下りなのだが
結構アップダウンがある。おまけに朝からジリジリ照りつける太陽に焼かれて早くも
熱中症状態。さらに靴擦れとマタ擦れが加わって、えらいことになってくる。最後は
感動的に栂海新道入口のゲートを潜るシーンを想定していたのだが、もうヨレヨレ
状態で倒れこむように潜った。出た所は国道で倒れているわけにもいかないので
目の前のホテルまで頑張って倒れこみ、3日間の汗を流してから帰葉した。
(ホテル親不知では1,500円で風呂+駅までの送迎サービスを行っており、これを利用)


以上
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top