FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

毛勝谷山スキー 

【5/16(日) 天候:快晴(午後一時ガス)】
[林道(標高:520m地点)発 05:00~06:00 阿部木谷出合(720m) 06:10~07:30 最終堰堤上部(1,100m) 08:00~08:40 大明神沢出合(1,250m) ~09:10 三の又下部(1,450m) 09:20~09:40 三の又上部(1,600m) 10:00~12:30ボーサマのコル(2,360m) ~12:40毛勝北峰(2,414m) 12:50~13:00 同コル(2,360m) 14:00~16:00 板菱付近(1,150m) ~17:00 阿部木谷出合(720m) ~17:30 スタート地点(520m)着]


前日扇沢に下山後、北国街道の天嶮親不知にて豪華晩餐と日本海に沈む夕陽にエネルギーをフルチャージ。二日目は北アルプス最北部の毛勝山を目指すことに。前日途中敗退のリベンジをはかるべく、一同早起きをして意気込みも十分だが、残念ながら片貝川東又左岸谷筋を埋める雪に阻まれて、阿部木谷出合まで標高200mのアルバイトが付加され、長い一日を予感させられる。
最終堰堤上部より三の又辺りまでシール登行の後、以降はアイゼンに履き替え、じりじりと高度を稼ぐ。デブリの急斜面の登行にも結構消耗し、ヘロヘロ状態で漸くボーサマのコルに到着。期待していた剱岳の雄姿も、南からのガスの中。後立山の眺望も瞬間芸で、一面瞬く間にガスに覆われる。
暫く待つものの状況は好転せず、視界の得られぬ中、すっかりデブリに覆い尽くされた三の又付近までは苦難の滑り。その後ガスも晴れ、板菱までは快適斜面が続く。最後の林道歩きの長さに閉口。

盛り沢山のタフな二日間となった他、山スキーの難しさ・怖さを改めて感じたツアーとなりました。

石松(船橋山の会、記)
スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。