fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

軍刀利沢入門沢登り講習会◆写真 

柘植です。先週の日曜日に日帰りで入門沢登り講習会に同行したので、
その様子をお伝えします。


IMGP3785.jpg

 【日程】5月22日(土)日帰り 【場所】軍刀利沢 【天候】晴れ
 【参加者】CL高梨、SL柘植、深谷、渡辺(理)、石井、辻本
 【記録】 入渓9:30ごろ、稜線14:00ごろ、もどり16:00ごろ
 【所感】

昨年度末のジャンル別アンケートでは新たに沢を始めたい人や継続したい
会員も結構いたので、受講生徒が3人というのはちょっと残念だったが、
また別の機会に原因を明らかにして来年につなげたい。軍刀利沢は初級の
沢ということになっているが、相変わらず高梨さんが最も登り甲斐のあるライン
から登ってくれるので、かなり充実した登攀を楽しめた(苦労できた?)と思われる。
また途中では机上講習の復習ということで、現在地点の確認やミニレスキュー
を行いながら進む。遡行も普段は黙々とあるいはキャーキャー騒ぎながら
歩くだけだが、今回は講習会らしく基本を確認しながら滝の登攀、ヘツリ、
ガレ場での懸垂下降などを行った。私も経験の浅い人を沢に案内するときは
いろいろアドバイスすることもあったが、今回のようにポイントごとに技術の
解説や指導を行いながら進んだことはなく、恥ずかしながら基本的な講習会
の重要性を再認識した。今後は初級の登攀的沢の講習、重荷を背負った
遡行を体験する1泊2日の沢登り講習などを実施しますので、多くの会員の
参加をお願いします。


受講者、深谷さん(クライマーですが始めての沢)の感想です。
【読図講習について】
読図の感想はしっかり読めるようになれば面白いと思いました。
【沢登実地講習について】
沢登りは登る難しさはないのですが、ミスしたら命にかかわるので一番危険だと
思いました。  最後まで気の抜けない厳しさを感じました。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top