fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

乗鞍岳山スキー◆写真動画 

住田です、こんばんは
先週末の乗鞍岳山スキーの山行報告です。
2日間とも天候に恵まれ、快適な乗鞍岳山スキーを楽しめました。


05乗鞍岳を仰ぎ見ながら

【山域】北アルプス:乗鞍岳
【日時と天候】2010年5月15日(土)晴れ、16日(日)晴れ
【メンバー】CL石橋・小倉・船山・小泉・池田・住田(記)
【行程】
 14日:千葉~石川PA(22:30)~乗鞍高原(囲炉裏小屋泊)
 15日:民宿(芝原)~バス(8:05発)~位ヶ原~シール徒行(9:15発)~肩の小屋
   ~アイゼン徒行~(12:30着)乗鞍岳山頂~滑降~肩の小屋~滑降~
   途中単独テレマーカー負傷ヘリ救出サポート~(16:00着)スキー場~民宿
 16日:民宿~バス(8:05発)~位ヶ原~シール徒行(9:15発)~摩利支天岳~滑降
   ~スキー場~民宿~(14:00)周辺で山菜採り~帰葉

【内容】

・位ヶ原まではバスで移動、多くの山スキーヤーで賑わっていた。
 肩の小屋あたりまでシール徒行し、山頂へはアイゼンで目指す。
 新会員の小泉さんは、小倉さんよりポイントを聞きながら、初めての
 スキーブーツでのアイゼン歩行を経験された。
・山頂近くの稜線の雪面に、帯状の風紋(シュカブラ)ができていた。
 快晴の山頂からは、穂高・槍、御獄山、中央・南アルプスと、雪山の360度
 パノラマを堪能。
・山頂上部でもアイスバーンはなく、大雪渓の重めのザラメ雪を一気に下った。
 下部の緩斜面では、極薄のクラストが一面に広がり、その下を雪解け水が
 流れていた。2日目はコロナ観測所がある摩利支天岳の東側斜面を下る。
 極上のザラメ雪で、傾斜と長さからもテレマークにほどよい斜面だった。
・三本滝まで降りる途中、途中単独テレマーカーが転倒して動けなくなって
 いたので、ヘリ救助までのサポートを経験した。
 先月4/11に、雪訓・セルフレスキューの講習に参加した際、ツエルトと
 テーピングテープの有用性を感じ、今回持参したため、負傷者の保温、
 負傷箇所の簡易固定で、さっそく実践で役立った。
 翌朝の地元新聞で、今回の事故の記事が掲載されていた。
・山スキー終了後は、民宿の周辺で陽だまりの中、のどかな山菜採りに転じ、
 コゴミ、ニンジンソウ、ヨモギ、タラノミ、ハリキリ..豊富な山菜の
 宝庫であった。
・池田さん常連の乗鞍の民宿『芝原』は、昔ながらの風情と小奇麗な施設で、
 豊富でおいしい山菜料理や硫黄泉も堪能できました。

+写真集へのリンク+
+動画へのリンク+



以上です。
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top