fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

常念~蝶が岳◆写真 

村尾です。2010GW 常念~蝶が岳 雪山初挑戦レポートです。

【日時】2010年05月2~4(前夜5.1発) 
【山域】北アルプス 常念山脈
【目的地・ルート名】ヒエ平~常念岳~蝶が岳 徳沢>上高地
【メンバー】CL富樫、SL田中、たそがれさん、室、渡辺(理恵子)、村尾(記)       

【天候】2日:晴れ 3日:晴れ 4日:薄曇り>晴れ
【コースタイム】 以下
 
【内容】
GWを利用して北アルプスの常念岳~蝶が岳を縦走し、残雪の槍が岳、
穂高連峰の展望を満喫する山行きであった。


5月1日 土
午後9時に千葉事務所集合。共同装備を分散し、22時過ぎにJRで新宿へ。
ムーンライト信州81号(23;54)で一路松本へ。さすがにほとんどが登山客。


5月2日 日 晴れ
豊科駅へは、午前5時前着。ジャンボTAXIでヒエ平登山口(1323m)へ、登
山事務所の温かいお茶がありがたい。さっそく準備運動をすませ、本日の目的
地常念小屋目指し6;00発。先週雪が降ったらしく、残雪は多い方との事だが、
しばらくは、(テント縦走のため重い荷物だが)無雪で、歩きに問題なし。
大滝(川沿い)で休憩し(7:30)50分歩行に10分の休みのペースで高度を上げ
る。しばらくすると雪(道)のほうが多くなる。ストック+キックステップでゆ
っくり雪の登りに取り掛かる。しばらくしてピッケルにもちかえ、本日最後の雪
の急斜面を登る。無雪期は、確か樹林帯のジグザグ(胸突き八丁?)だったが、
今回は谷筋をのぼりつめようやく常念小屋(2466m)へ(12:00)。私をふくめ雪山
の初心者がおり、歩行時間5時間(やや長め)のペースだった。
テントを張り、早めの宴会。外では、槍がしっかり見え、夕日に赤く染まる雲と
の対比が美しい。


5月3日 月 晴れ
本日もよい天気。アイゼンを付けて、日焼け止めをしっかり塗りサングラス姿で
(7:15)出発。どっしりとした常念岳のピーク目指して急な登りをアイゼンで雪
を鳴らして登る。祠のある山頂(2857m)9:00着。展望はさらにひろがり、穂高連峰
が谷を挟んで近づいてくる。蝶を目指し標高差400mをくだり鞍部へ、その後も重い
ザックとなれないアイゼン&ピッケル歩行で悪戦苦闘。蝶槍の麓で休憩(11:00)
蝶槍から蝶が岳フュッテまでは、穂高の雪景色が素晴らしく何度も写真を撮りに
止まる。フュッテ到着は14:15.2日目の歩行時間は、アイゼン歩行の為5時間半。
テント設営後、外にマットをしいて宴会。槍や穂高をさかなにビールで乾杯。最高
の気分である。夜は風がでて、一晩中テントをゆらし、パタパタと音がうるさかっ
た。


5月4日 火 薄曇り>晴れ
4;15起床6:45発。蝶が岳(2650m)ピークで記念撮影。長塀山経由で樹林帯を下山。
標高差1000mを一気に下る。途中、樹林帯の切れ目で、一瞬穂高が見えた。(さらば
穂高)一部雪と氷で転倒者もいたが、途中でアイゼンを外し、軽い足取りで、しかし
注意深く下る。9;50皆無事で下山。徳沢(1562m)では、天気も快晴、春まっさかり。
さすがにあたたかく、ソフトクリームで乾杯?明神経由で観光客ごった返す上高地
(12:20)へ。
上高地アルペンホテルで汗を流し、バスセンターで生ビールで乾杯。遅い昼食をとり
16:00新宿直行のバスで帰京(途中談合坂渋滞をさけ、大月ICで下におりて八王子
手前まで抜け道、新宿は22:00。千葉の自宅は、ほぼミッドナイトとなった)。

初めてのアイゼン&ピッケル歩行。山中2連テント泊、重たいザックにつらい時間帯
もあったが、蝶からみる槍や穂高は雪に覆われ神々しく、すばらしい美の別世界。
この時期、天候とメンバーと素晴らしいコースとすべてに恵まれてのGW雪山ツアー
であった。すべてにわたってリードしケアしていただいたリーダー富樫さん、SL田中
さん、食当室さんをはじめ、同行の皆さんに感謝、感謝である。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top