FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  Trackback -- /  Comment --

△page top

月山山スキー◆写真動画 

月山初日石跳沢記録です。

03_0430石跳沢よさそうな斜面

【山域】月山
【ルート】姥ヶ岳-石跳沢-自然博物園
【登山方法】山スキー
【山行日】2010/04/30
【メンバー】村野、住田
【天気】雪後晴れ一時雨
【行程】
 姥沢駐車場(9:30)-リフト(10:00)-姥ヶ岳1610m下山(10:20)-休憩所(11:00)-車で移
動- 自然博物園(12:30)-石跳沢1160m(14:30)-自然博物園(15:10)
【内容】

 リフト駅で登山届を出し、リフトに乗り込んだ。上に行けば行くほど、天気が悪く
なる。リフトを降りる。目指す姥ヶ岳がまったく見えない。それでも行けるところま
で行こうとシールを付けて登り始める。リフト終点1500mからわずか100m登った時点
で猛吹雪に見舞われる。視界はすごぶる悪い。登っていても、ちっとも楽しくない。
姥ヶ岳までは、行けると思ったが、この視界の中降りやすい斜面を探すのは困難と判
断して中止とした。一旦姥ヶ岳休憩所に戻り、様子を見る。姥ヶ岳休憩所では雪・風
ともにそれほど強くない。ちょっとした差でずいぶんと違うものだ。休憩所の外に何
度か出て様子を伺うが、天候が回復する兆しが見えない。ここにずっといても仕方が
ない。あきらめ肝心と、石跳沢ピストンに切り替えた。ピストン登山なら少々吹雪こ
うが道迷いの心配がない。
 車に乗り込み、自然博物園に着く。空はうっすら晴れている。シールを付けたス
キーを履いて、森の中へ。石跳沢を降りてくるスキーヤーと出会った。「上はひどい
天気だよ」「3時くらいまでで、行けるところまで行って帰ってきます」
 小一時間歩き、遅いお昼にした。バーナーで水を沸かす。のんびりとしていると雪
が降ってきた。14:30までと決めて石跳沢を登る。ところどころ早春の沢がのぞいて
いる。高度を上げるごとに風が強くなり、雪が多くなる。14:30に少し開けた台地に
出た。疎林のなか、シールを取り、自然博物園に戻る。ようやく青空が見え始めた。
青空と残雪そして山毛欅のコントラストが美しかった。どうにかそれなりの一日を過
ごすことができた。
 次の日の朝、テントで寝ていると、ヘリから行方不明者を探す呼び掛けが聞こえ
た。あの悪天の中道迷いの登山者が出て、5/1に無事救助されたそうだ。

姥沢駐車場1000円(トイレ更衣室あり)
リフト1回560円



2010/05/02 月山山スキー記録です。

09_0502月山山頂にて

【山域】月山
【ルート】姥沢-牛首-月山
【登山方法】山スキー
【山行日】2010/05/02
【メンバー】村野、住田
【天気】晴れ後雪
【行程】
 姥沢駐車場-リフトトップ(8:50)-牛首(9:46)-スキーデポ地点1835m(10:00)-月山
(11:10)-スキーデポ地点(11:45)-リフトトップ(13:20)
【内容】

 テントから顔を出す、空は晴れ渡っていた。青空を待つこと2日、予定を延長した
甲斐がある空にようやく出会えた。雪が緩むの待つため少し遅い出発とする。のんび
りと姥沢駐車場で身支度を整える。月山に向かうスキーヤー達が駐車場から次々に出
て行く。我々もスキーを担いで駐車場を後にした。雪上車によるスキー運搬サービス
を利用し、リフト駅まで手ぶらで歩く。
 姥ヶ岳休憩所脇でシールを付けて、登り出す。予定通り先頭グループが牛首当たり
まで登っているのが見える。これ以上ない青空の元、月山へ登り始める。姥ヶ岳東面
から金姥、牛首までの斜面を巻きながら登る。正面に月山山頂がある。雪に覆われた
飯豊朝日もよく見える。牛首から先をシール登高限界まで登る。
 1835m地点でスキーを外し、ロックワイヤーで束ね岩の隙間に押し込む。行動食を
食べながら、降りてくる人に先の雪面状況を聞く。アイゼンがないからと降りて行く
人も多い。雪面の柔らかい所をつないで登れるとこまで行くことにした。出だしは藪
があり、積もった雪のなかを登る。薮がなくなると一面雪面となる。所々クラストし
ている。柔らかい雪面を丁寧につなぎ、キックステップで登る。50mも登ると斜度が
緩み始め、まもなく月山山頂台地に着いた。月山神社まで、ほぼ平になった山頂を歩
く。月山神社に到着した。頂上は、残雪に埋まっていることだろう。
 社のまわりには、GWらしく大勢の人がいる。みんな頂上の証である社の屋根をバッ
クに写真を撮っている。風も穏やかな山頂で行動食をとり、我々も三脚を立て二人の
記念写真を撮り、頂上を後にした。下りは気温の上昇とともに雪がさらに緩んでい
た。青空のもとテンポよくキックステップで、スキーデポ地点まで戻った。
 シールを剥がし、一気に月山ボウルを滑り降る。あまりにも天気がよいので、空身
で牛首まで登り返し、もう滑り。ザックのデボ地まで滑り降り、記念写真を撮り、ボ
ウルを後する。シールを付け、リフト終点まで戻る。リフト終点が近づくだんだんと
風が強くなり、雲がでてきた。リフト終点に着くと月山山頂は雲に覆われていた。
余ったリフト券で最後の一滑りした時には、ついには雪が降り出した。
 これ以上ないタイミングで月山に登り、滑った春の一日だった。

姥沢駐車場1000円(トイレ更衣室あり)
リフト1回560円
月山志津線終点からリフトまで雪上車による無料スキー運搬サービスあり
寒河江市民浴場200円


+写真集(+動画)へのリンク+
スポンサーサイト
山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。