FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

杓子北尾根~西尾根 

12/19 杓子 北尾根→西尾根報告 単独
東桂9:00→9:20登山口→11:05倉見山→14:25杓子山→16:10道路→17:15葭池温泉前駅


 道路沿いの墓の入口の倉見山登山口を登る。歩き安い登山道のついた尾根筋からは、
葉の落ちた雑木林を通して下の町が常に見える。鉄塔の下を通りまもなく11:05倉見山
につく。頂上には10人ほどがラーメンの昼食の準備をしていた。頂上から快晴の空に
雪煙をあげる富士山が大きく目に飛び込んでくる。景色を楽しんだ後、杓子に向かう。
すぐに寿駅に向かうピークにでる。杓子への分岐の立て札も無く、踏み後もかすかに
ある程度で、つい、うっかりと寿駅への下山路を行ってしまう。少し下っておかしい
ことに気づき引き返し杓子の北尾根に向かう。この道は通る人が非常に少ないようだ。
所々に岩稜や藪がある。岩や数cmの霜柱の上を落ち葉が覆い、岩稜帯は特に神経を使
う。所々急斜面では登山道もはっきりしない。慎重に歩いたためか予定よりかなり時
間がかかり14:20に杓子頂上に着いた。富士山頂には雲かかっていた。もうすでに誰
もいない。
 5分程休み、西尾根を下る。この道はほとんど歩かれていない。かすかな踏み跡
があるが、小さな藪や木が踏み後に生え邪魔をする。それでも境界を示す杭や所々
にある赤い布が道を示してくれる。尾根の尾高い部分をひたすら藪をかき分けて進
む。途中から落ち葉に埋もれ灌木の生え、倒木が邪魔をする古い登山道に出会う。
これも非常に歩きにくい。藪こぎを続けるうちに16:10道路に出た。長い鋪装道路を
歩き葭池温泉前駅に17:15に着く
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top