FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

中之条有笠山フリークライミング◆写真 

中之条 有笠山 12月6日(日)CL川本 上茂(記) 渡辺×2(会員外)天気 晴れ

有笠200912、6 023

4時に千葉を車で出発。渡辺家は親子で参加。若者を除いて皆調子が悪く、珍しく川本さんが足が腫れて痛いから
今日はビレイに徹するよなんて言うし、私も膝が前日痛くなり、渡辺さんは万年腰痛だし、温泉療養でもいいかなって感じだ。
数馬君は、ジ・アーチのあっぱれ13cを登り込むそうで、私らはビレイヤーと撮影、見物人ということで。
有笠は東口と西口と入り口があり、東口からのエリアがポピュラーで、
アーチは東口の駐車スペースから沢に降りて踏み跡を辿って歩くこと20分。初めてなので間違えていつもの癖で斜面を
詰めあがってしまったが、実際はちゃんとテープで記してあった。樹林帯をあがってゆくと、展望が開け、ぽっかりと
穴が開いてるような感じに見えるのがそうで、溝状になったところに残置ロープがありクライムダウン。
すると景色は一転して頭上に巨大な岩の橋が架かっているようだ。何しろ急斜面なので足場が悪い。
剥がれた岩がバラバラ落ちており、脆そうだが、立体的な形状である。

数馬君が10d、11bと体を慣らし、それに便乗して私も登らせていただく。
ガバホールドは多いが、なかなか傾斜がきつい。川本さんは靴が履けないくらい足が痛いようだったが、
登っているうちに痛みも軽減してきたようで、調子が出てきたみたい。
13cあっぱれは、取り付きから徐々に傾斜が増し、アーチの裏で完全にこうもり状態、中央付近で側面に這い上がる。
一回じっくりと時間をかけてムーブを探り、一気に勝負。クライマーのルートに挑む姿勢と気迫を見た。
川本さんもだんだんとモチベーションが上がり、11cオンサイト。すばらしい!渡辺さんも11bオンサイト。
私は見物人のため11b課題を残して去る。3世代?クライマー皆さんかっこよかった。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top