FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

三頭山読図山行◆写真 

【山行日】12月6日(日) 
【山域】奥多摩 三頭山 
【天候】快晴
【メンバー】CL橋本(記)、SL住田、村尾、山内、室、井上
【行程】檜原都民の森8:00→三頭山11:00→檜原都民の森14:00


02 読図とルートファインディング

【記録】雪山教室の一環として読図山行を行った。
最初の計画は土曜日にビバーク訓練を行う予定であったが、雨が予想されたため、読図だけに変更した。

都民の森(標高1000m)から道路を下り、途中の尾根に取り付く(標高750m)。登っている尾根と隣の尾根との違いと地図上でどのように表現されているかなど、登りながらGPSで確認した現在地点と地図を比較して勉強をした。

 稜線にでると雪をかぶった富士山が見えた。山頂や稜線には強風による雪煙が見える。昔、今の時期のアイスバーンの富士山で雪訓をしたことを思い出す。

 大沢山を過ぎると避難小屋が現れる。大変りっぱな小屋で、周辺もビバーク訓練もできそうな場所も多い。

 間もなく三頭山山頂、山頂から見える奥多摩の鷹巣山周辺には雪もあり、昨日の雨は標高の高い場所は雪であったのであろう。この付近はみぞれが予想され、そんな中でのビバークでは本番になりかねず中止が正解である。

 都民の森まで1時間程度で下山、帰葉は渋滞で19時過ぎとなる。

雪山では登山道はすべて隠れてしまうので現在位置を確認することは基本技術である。地図から、雪で変わる実際の地形が頭の中に容易に浮かぶようになってほしい。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top