FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

日和田山クライミング 

井上志津子です
風邪の症状がとれたので、今年最後の松戸山の会の岩トレ会に誘われ、錦秋の奥多摩
の渓谷美に思いを馳せ、食担を引き受け行ってきました。

【日時】 2009.11.14-15
【場所】松戸有料道路下江戸川土手、日和田山
【メンバー】 井上(記)、大河内(CL)、渡辺(正)(SL)、加倉井、畑、坂田 (5
人とも会員外)
【ザイル】大河内、渡辺、加倉井 【車】加倉井、坂田 
【共同食】夕、朝食、行動食(フランスパン、生ハム、チーズ、ソーセージ野菜炒
め、山形風芋煮、うどん、10穀入り玄米ごはん、ひじきふりかけ)、おつまみ、飲み
物各自
【宿泊】 奥多摩 氷川キャンプ場
【費用】 バンガロー5000×2、 駐車代1400×2、 車代ガソリン高速含む2台で
22000、 共同食費4200  合計39000円  1人分6500円


北松戸駅で7時に集合したものの天気は今にも降ってきそうなので予定を変更し有料
道路下の江戸川土手で救助訓練をすることになりました。

11月14日(土) 曇り 時々雨 8時スタート 
内容 ① ユマール、ロープマンを使って登り返しの練習。
   ② 3分の一で引き揚げ
   ③ マルチのザイルワークの復習
雨が降っても屋根がしっかりあるので継続できたが、11時にザックもとばされる強風
となり訓練終了して奥多摩へ移動した。
途中降ったり止んだりで前途はきびしい。見慣れた青梅から奥多摩に入る景色を楽し
み氷川キャンプ場に着く。
2時から空身で屏風岩に下見にいく、雨上がりで滑らないよう気をつけて急登を40
分ほど登ると屏風岩にでる。
岩肌を水が流れて乾きそうもない。危ない、怖い、で見回してさわって下山。
けっこう早足で登って下りて、(1回滑り)汗をかいたので、温泉にゆっくりはいっ
て宴会開始とする。

11月15日(日)晴れ  6時半起床  
邪道ながら6人分の朝食を作るため、バンガローにコンセントがあることを知ってい
たので、我が家の炊飯器を持ち込み、炊きあがりの〈ピーピー〉を目覚ましにして起
きた。
昨夜の芋煮なべにさらに食材を足して朝食にして、残りのご飯をおにぎりにしてかた
づけた。早く行きたい人とゆっくりしたい人に別れるが、様子をみながらコーヒーを
一杯。
相談の結果乾きが早いであろう日和田山に向けて9時出発と決定。越沢バットレスは
むずかしそうで、行きたいような・・・。またも流れた。
日和田山に着き、大河内―畑、渡辺―坂田、加倉井―井上とパーティが決まり、行動開
始それぞれの力量で岩にとりつく。日曜日なのですでにそうめん状態。
松の木ハングの右の方のリッジ近くがあいているのでここを攻める。こんなにぬれて
いるのは怖いから、かくさんにリードをお願いした。
2回ともセカンドでも時間がかかり情けない。かくさんが腹減った、というので昼食
にした。その後日当たり良く乾いてきたので、リードを2回して終了した。
マルチのザイルワークはほとんど覚えたもののまだもたつきスムーズとはいえない。
問題点を色々細かく指摘してもらい。反省し今後の課題とした。
もっとしっかりできるようになりたい。  日常生活にないことなので機会あるごと
にやっていきたいと思います。 

今年のしめくくりの岩トレ会で楽しみました。リーダーとみなさまありがとうござい
ました。
会の皆様これからご指導お願い致します。
スポンサーサイト



クライミング /  Trackback -- /  Comment --

△page top