FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

日向山~雁ヶ原~尾白沢渓谷◆写真 

【山域】南アルプス北部 
【ルート】日向山~雁ヶ原~尾白沢渓谷 
【日時】前夜発11月1日(日)
【メンバー】CL加藤(記録)、SL渡辺(三)、村尾(写真)、村野、渡辺(理)、石川、井上(志)、室、大塚、鶴田
【行程】6:40竹宇駒ヶ岳神社駐車場―7:40矢立石―9:05日向山(雁ヶ原)―11:40錦滝―13:25駐車場


09 一人万歳


【報告】道の駅「はくしゅう」で前夜泊の予定だったが国道沿いで車がうるさいので竹宇駒ヶ岳神社駐車場に仮泊した。地図には載っていないよく踏まれた登山道を矢立石(登山口)へ高度を稼ぐ。たいていの登山者は車で矢立石まで来てから歩くようだ。ここからは傾斜も緩やかでカラマツの黄葉が青空に映えていた。三角点のある頂上は笹に覆われ展望はなく、さらに奥へ行くと突然視界が開けた。雁ヶ原と呼ばれている白い砂丘のような場所に角のような奇岩が並び、360度の大展望を満喫できる。甲斐駒ヶ岳は頂上だけ雲に隠れ、黒戸尾根や鳳凰三山が目の前に聳えている。 風が強く砂が舞って休憩もままならない稜線ををあとに急坂を下り、錦滝で大休止。 北杜市では錦滝から尾白沢渓谷へ向かう林道は崩壊して立入禁止としているが、渡辺(三)さんを先頭に踏み跡を辿って渓谷沿いの登山道に出た。天気予報では昼頃から曇るとのことだったが、雲一つ無い快晴となり、真っ青な空に紅葉に彩られた錦繍の山々と滝を愛でながら進む。
まず、吊橋から凄い水量の不動滝、3つの連瀑の神蛇滝は足場が悪い板の上から見下ろす。さらに緑の深い釜を持つ滝などを心ゆくまで堪能した。最後の吊橋を渡ると下山口の竹宇駒ヶ岳神社の境内である。入浴は甲斐駒ヶ岳が望める露天風呂がある尾白の湯に立ち寄り汗を流し蕎麦で山行を締めくくった。今回は10名が参加し、紅葉ハイク・滝巡り・展望の露天風呂と充実した1日を過ごした。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top