FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

二口山塊名取川小松原沢 

山行報告 二口山塊名取川小松原沢

2009年6月27日、28日 CL上茂(記) 渡邊三 澤田 石井 堀(会員外)
27日 二口林道ゲート前出発8:40~桂沢分岐11:30~幕場15:30
28日 出発7:30~登山道8:50~林道11:20~ゲート12:50


二口林道ゲート手前に車を駐車。橋からもうナメが続いている。
すぐに入渓、滑床をひた歩く。今までにないほどのんびり歩く。
釜があれば釣り糸を垂らし、長い休憩を取り山菜を摘む。ウルイが沢山生えていた。
あたりはあるものの、小さいのばかり、先客が何人かいるよう。
梅雨の中休みで日差しが強く、水も沢筋の木々もきらきら輝き、とにかくずーっと
続くナメ、時々角度のある滑り台のような滝、時間にも縛られず、こんなのんびりした
気持ちで沢を歩いたことなどあったかしら。

桂沢の滝が出合い、左の滝を越えるとまたナメ、小松倉沢を過ぎると結構大きな釜
を持った滝が現れる。銚子の滝前衛の滝だ。釜を泳いで登れるか偵察に行く。
登れそうだよと戻り、3ちゃんに先に行ってもらったが、ぬれたザックが非常に重くなり
ひーひーいいながら登り、やれやれと上がった先には、銚子の滝が細く長く勢いよく落ちていた。
とても登れそうになく直ぐに諦め巻いた。

しばらくいくとビバークポイントがあるはず、狭まった沢の様子から
そんなに広くなった場所があるのかなと探しながらいくと、
左岸に2段になった台地を発見。絶好の安らぎの地だ。
上にタープを張り、下で焚き火。周りは若いブナの林が広がる。
翌日も晴れ、穏やかな源流風景もしばらく行くと流れも消え、
なだらかな斜面を詰めて登山道に出るコースをとる。
藪に突入、最初は潅木の間をぬっていたが、
次第に根曲がり竹の無秩序な伸び方に苛つきながら30分ほど格闘して、
仙台神室山の登山道にひょっこり出た。
アップダウンのある登山道を二口峠方面に向かい、くねくねの長い林道を厭きながら歩く。

この沢は日帰りでも可能。車で入れるため釣師が多い。
ナメに癒されたものの、あの程度の藪漕ぎで苛つくようでは、まだ修行が足りませんな。
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top