FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

8/4~7 尾白川本谷 

【山域】南ア 甲斐駒ケ岳 【場所】尾白川本谷
【日時】2006年8月4日(金)夜~7日(月)
【コース】竹宇駒ケ岳神社~尾白川渓谷道~本谷~駒ケ岳(黒戸尾根下山)
【メンバー】柘植(CL),石橋(SL)、小俣、石井、多田 
【天気】だいたい晴れ
【内容】
初日:竹宇駒ケ岳神社から尾白川渓谷道経由、不動滝から一旦日向山林道に上がり、林道終点から本谷に再下降して、黄蓮谷との二俣のちょっと先で幕営。前半はハイキングコース、後半は本格遡行に入るが、滝の規模・水量・レベルが並でなく、でかい滝はほとんど巻き。一見登れそうでも磨かれた花崗岩はフリクションが効かない。でも天候は最高で名渓を満喫する。
二日目:登れる滝やナメを楽しく味わっていくと、本谷遡行の核心部の巨岩地帯に突入。両岸とも絶壁の谷底に家か小さなビルほどもある巨岩がひしめき合っている。ここは重荷を背負ったままで登れるところは少なく、ショルダー+ザック引き上げの繰り返し。一つ越えるとまた次のがお出ましというパターンで精神的・肉体的に非常に疲れる。今日は稜線まで出て六合石室泊の予定だったが、タイムアウトになり詰め近くの二俣泊。
三日目:1時間半ほどで稜線に出て駒ケ岳山頂から黒戸尾根を下りて、夕刻に出発地点の竹宇駒ケ岳神社着。
尾白川本谷は思っていた以上に厳しかったが、天候とチームワークに恵まれ、成功できた。詳細は会報9月号で報告します。
スポンサーサイト



△page top

« 8/12 奥多摩・海沢
8/6 吾妻・大滝沢 »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://chibayama.blog47.fc2.com/tb.php/47-e2190c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top