FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

富士山(富士宮口)山スキー◆写真 

菊池です。
残り少ない山スキーシーズン、今年も旬の富士山山頂からの大滑走を堪能できた。

22 お釜をバックに


【山域】富士山
【日時と天気】2009年5月23日(土)晴れ、風強し 気温頂上で2~3℃ (静岡:最高26℃)
【メンバー】CL菊池・岡田・長池・沢田・吉川・渡辺(俊)・朝岡 (登山:住田)
【行程】千葉3:00-富士宮新五合目駐車場6:20-12:40山頂 13:15-15:20駐車場


・GW後の5月は富士山山スキーの旬の時期であるが、このところ週末の天気がどうもパッとしなかった。
 今週末の天気予想も富士山登頂には程遠い予想であったが直前に好転、これぞとばかり、駐車場は50台は下らない富士山愛好家で溢れていた。

・下部の雪消えは早いが、上部は例年以上の積雪量が保てれており、南斜面にもかなりの範囲の雪面が望まれ、いつもの細い雪渓がわずかにしか見えない寂しい景色とは違っていた。山頂の鳥居は上部2mほどしか出ておらず、山頂からの滑走が可能であった。

・前日の強風の影響が残り上部はかなりの強風・ザラメ嵐模様、時々突風により、耐風姿勢をとるものの、バランスを崩すこと数回。右よりの窪地地形に登行ルートをとると、少しはましであった。

・昨年までは、高気圧が日本の上にドンと乗かっている五月晴れを選んで登頂できていたが、今回の晴れは、天気図で見る限りそれほどの上天気ではなく登頂は無理かと思っていたが、静岡の最高気温が26℃、山頂でも2~3℃と強風でありながら、雪面の硬化がないため登頂できラッキーであった。

・滑走に関しては、山頂から2700mの滑走終了地点まで、下地が適度に硬く快適なザラメ斜面が最後まで続き、ガスの発生もなく、今までの中で最高の滑りを楽しめた。

・テレマーカーが着実に増え、今回はデビューしたばかりの長池さんを加え4名、アルペン3名を凌いだ。ゲレンデのような大斜面にテレターンの練習に余念がなかった。

・4月29日の須走り口では横浜のK氏に一昨年の飛騨沢以来久しぶりにお会いし、今回は昨年の吉田大沢の時にもお会いした富士宮のK氏にまたまた再会できました。1月に還暦を迎えた小生は富士山登頂山スキーを健康のバロメーターとして今後も続けて行きたい。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



山スキー /  Trackback -- /  Comment --

△page top