FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

富士山山行◆写真 

住田です、こんばんは。
新企画「山スキーとのコラボ山行」での、つぼ足隊の山行報告です。

17 剣が峰で記念写真


【山域】富士山
【日時と天候】2009年5月23日:晴れ、気温2度(山頂)
【メンバー】住田(単独)、山スキー隊(CL菊池他4名)と部分同行
【行程】6:20富士宮五合目-12:00山頂-剣が峰-山頂13:10-14:40富士宮五合目


富士宮五合目(写真①)で山スキー隊4名と合流し、富士山山頂を目指す。
六合目先よりアイゼン装着②。
この時期、雪が柔らかくザラメ状態で⑦、アイゼンはよく刺さり、一部踏み抜く
所もあった。表面が融けた滑りやすい要注意のアイスバーンは稀であった。
早朝の登山者の大半は、スキー、スノーボーダー⑤。

八合目あたりから、つぼ足隊は先行させてもらった⑧。
この先、断続する北西(左横上)から強風で、不用意な体勢では横下に
倒されそうになるため、耐風姿勢に移りやすい体勢を維持し、また
ピッケルとで2点確保に注意した。⑫
ザラメ嵐が顔面を襲うが、前後の登山者の頑張りに勇気づけられ耐えた。⑬

息苦しさを乗り越え、無事山頂に登頂⑭、剣が峰を目指す⑮。
馬の背での突風に耐え、剣が峰に再登頂達成!⑰。
測候所跡の屋根越しに、南・北アルプルス他配下の大パノラマも満喫した。

山頂の神社前で、山スキー隊全員の登頂と再会を喜ぶ。
強風の中、重いスキーを高く担いでの登頂、感心しました⑳。

テレマークスキーの優雅な滑りに目を奪われながら、緩斜面で安全な所では
シリセードで快適に楽しみながら下った。

白い魔境、やはり富士は雪が似合う。白く気高く孤高に聳える姿に魅せられた。

追記)
「山スキーとのコラボ山行」第2回は、天候がよければ6月13日吉田大沢からの
登頂を予定しています。


+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



積雪期一般ルート /  Trackback -- /  Comment --

△page top