FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

滝子山沢登り◆写真 

黄昏が滝子山沢コースの報告を行います。

13結構すべる


滝子山行記 平ツ沢コース
1.登山方法:沢登り
2.メンバー(敬称略):CL柘植・小俣・石井・井上・永田
3.アクセス(JR:中央線)
① 往路:君津・蘇我駅 →(東京・新宿駅経由)→ 笹子駅
② 復路:タクシー 下山地点 → 大月駅
      大月駅 →(新宿・東京駅経由)→ 蘇我・君津駅
4.費用:ホリデーパス 2300円+アルファ
      タクシー代 約3400円/台(一人900円)
5.工程
① 5月10日(晴れ)
    笹子駅09:15 ~10:30(着)入渓地点10:55(発)~大滝下部11:25~大滝上部12:21
    沢終了地点13:12(発)~滝子山頂14:06(着)
    滝子山頂(発)14:15 = 途中2回休憩 約20分 * 読図のためプラス数回立ち止まる。
    ~下山地点(着)17:05 


6.記録
笹子駅でストレッチを終え、朝9時過ぎに国道20号線を登山口に向かい歩き始める。気温は既に28度を超えており、黄昏は沢を選択して正解だったと軟弱にも思う。登山口までは途中道標があり迷うことはない。登山口手前で後から来た井上君と合流、登山道と沢が交じあう地点で沢仕様に身支度を整え遡行を開始する。入渓地点から30分ほどで3段の大滝下に着く。大滝は思いのほか水量が多く、本来の右岸側からの登攀をやめ、柘植さん、小俣さん、石井さんの順番で乾いている左岸に取りつく。

下から見ていると、結構手こずっており、時間をかなり消費する。石井さんは登攀に最後まで拘って いたが、結局ラスト2名は左岸を巻いて一段目の上部に出る。悪戦苦闘し大滝を越えるのに1時間ほど要した。大滝を越えて50分ほど遡行し、一般道に移る。ここから1時間ほどで山頂に立つことが出来たが、一般道からの本隊は既に待ちくたびれ気味の様子だった。休憩後、本隊とともに東稜経由で下山するが、下り始めてまもなく足場が悪くなり、傾斜もきつく落石に注意しつつ下ってゆく。
途中ルートを確認しつつ下ってゆくが、たまの登り返しがしんどい。
 (ここはルートファンディングが要求されるコースです。)
東稜コースについては、黄昏の見落としを含め本隊の報告で改めて触れると思います。
結局下りに3時間を要し、タクシーで大月駅に向かい足した。

文責 黄昏山屋

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top