FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

軍刀利沢・沢登り◆写真 

辻本です。沢講習の報告をします。幸にも沢は天候に恵まれ、水量が多
かったですが良き講習ができた思っています。5月の竜食谷にも是非、
参加して安全に沢登りを楽しんでください。

P1000947.jpg

『軍刀利沢・沢登り講習』
【遡行日】4月26日
【参加者】辻本(CL)・高梨・平野・上茂・実藤・田形・舟山・大塚・澤田(淳)・
住田・石橋・加藤・澤田(明)


遡行時間が短いので千葉発AM7時、市川発7時半とした。今回は先日の
机上講習に続き沢の実地講習である。前日の雨の影響を心配したが、新
緑が映える澄み切った天候となった。途中、武蔵五日市駅までの五日市
街道のハナミズキが美しい。
矢沢林道が熊倉沢との出合いで、落石による通行止めの障害物があるが、
予定どうり朽ちかけている小屋周辺まで行くことができ、沢支度をする。

10:30入渓。読図で入渓点の標高を確認する講習から始めた。軍刀利沢
は滝も多く新人だけでなく、沢シーズン始めの練習にもピッタリ。
渓はミニゴルジュから始まり、ヘツリの講習にはもってこい。
次の3mほどの滝は新緑とともに美しく迎えてくれる。左側から登るが以前
より、被っているような気がした。今回は大人数なので右側を巻き、新人に
はザイルを出し左壁を登ってもらった。

8mナメ滝は水流が多いので、登れる人だけ登り、後は右を巻く。この沢一
番の10m直滝は右から高巻くが、ここで新人にガレ場での懸垂下降を練習
してもらう。結構、高さがあり下降点は釜の手前なので、少しビビリが入るよ
うだ。続いてトラロープにカラビナ+シュリンゲをセットし、岩のトラバース講
習。
5m+5mの2段滝は最初の5mを登ってから巻くと簡単だが、本日は水量
が多くシャワークライミングを嫌い、2段とも左のガレ場から巻く。雨の影響
でグズグズ。滝を登るより悪い。6mの滝ではロープマンによるプルージック
登攀を講習。滝登攀はここで終え、標高700m辺りで休息をとり、後はツメ
の読図講習をする。枝沢が入るたびに現在地確認をとる。

登りきったところは三国峠でここで遡行終了。下山は笹尾根を行き、生藤山
の巻き道を過ぎたあたりの道標から、仕事道を下る。矢沢の源頭部に出て、
そのまま矢沢の仕事道を降りていくと入渓点まで50くらいで戻れる。
温泉は「瀬音の湯」がアルカリ性の湯で疲れた体を癒してくれる。

+写真集へのリンク+
スポンサーサイト



沢登り /  Trackback -- /  Comment --

△page top