FC2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

篠井山、貫ヶ岳~高ドッキョ山行 

山行き報告です <篠井山、貫ヶ岳~高ドッキョ>

【日程】4月11,12日 
【山域】 南アルプス系 山梨100名山x3山 篠井山、貫ヶ岳~高ドッキョ 
【ルート】(18日:奥山温泉の先から篠井山ピストン 
      19;日石合~貫ヶ岳~高ドッキョ)
【登山方法】ハイク 南部町 森のオアシステント泊
【天候】両日とも晴れ
【メンバー】 柘植さん(CL)菅井、加藤 石井 村尾新人(記)

 
【記録・内容】
柘植さんのお誘いで入会以来はじめての車利用/テント泊の山行きです。
自宅おゆみ野から中央区矢作菅井さん、検見川浜石井さん、津田沼加藤さんの
3先生を乗せ、首都高京葉線経由東名で富士川ICへ、軽快に進んで山梨県の
南端、南部町へ。奥山温泉を超えて大洞沢の登山口(トイレあり)で駐車。

今日は篠井山へピストンハイク。登山口を10:30スタート。
最初は舗装された林道で整備された登山道になり樹林帯の中を進みます。
気温は高くTシャツ。しばらくすると小さな光源の滝にでる。小川のせせらぎ音
を楽しみながらいいペースで上ります。100Mおきに2.8 2.7というように小さ
な<あと何キロ>表示が付いていて上り歩きやすい。途中菅井先生から杉の木と
ヒノキの違いと見分け方など教わりながら1294Mの篠井山頂上へ到着12:30。
眺望は、富士山が望めましたが春霞でややぼやけていました。

南峰から北方経由で同じ道を帰途。
一日目は約3時間半の歩行距離。帰途奥山温泉温泉(露天から山を仰ぎ見れる
野趣ある温泉、ただ外湯がかなりぬるかった)で汗を流し、コンビニで夕食を仕入れて
途中の<森のオアシス>でテント。
最高の季節で最高の場所のテント泊デビューでした。
それぞれで用意したビール酒と夕食を済ませたらなんと7:30の就寝。

2日目; 朝5:00起床ですが、8時間ものロングスリープ。
朝食を済ませて石合へ、空地にパークし小川を渡るぼろぼろの吊り橋からスタート
です。(6;40) 897Mの貫ヶ岳へは、リダー得意の道なき道を直登。
杉の木の枝や葉、笹のはなど足場が悪くのぼりづらし。ササやぶも背丈ほどもあり
ほとんど人がとらない道で、すごい埃がまい、道も分かりずらいしとても一人だと
来れないルートです。頂上は8:40着。やはり富士山は見えますが霞んでいます。
30分くらいの所で晴海展望台、本日のコースで一番富士がきれいに見える場所。
さすがは日本一、霞んでいてもそのどっしりとした存在感は圧倒的です。
平治の段をこえいくつかの上り下り、尾根を歩いて高ドッキョ12:30着。
かなり蒸し暑くみな汗をかいています。ここからは、岩綾があったり、ロープあり、
痩せ尾根ありの気の抜けない下りが続きます。でも変化があって面白かった。
徳間峠14:00へて登山口へは15;00前に到着。

さらにここからが林道>車道で朝のポイント近くまでコンクリート上を1時間40分も
歩き。さすがに足が痛くなって、ペースダウン。柘植さんが早足で車をピック迎えに
来てくれた。朝から昼食や休みもいれてだが10時間がたっている。疲れた体を
麓町の温泉で癒し、17:50.富士宮で夕食を済ませ一路千葉へ。
多少の渋滞があり、自宅へはほぼ23:00。疲れたー!!
同行の皆様、ほんとにお疲れ様でした。でも山、眺望、露天風呂、テント夕食&
スリープ2日間で13時間のロングハイク。小川のせせらぎ音や鶯の鳴き声、
三俣の花、紫ヤシオなど満喫しました。
柘植さん、ありがとうございました。

以上

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top