fc2ブログ

ちば山の会の山行報告

ちば山の会 山行報告のページ

02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

妙義・西上州山行 

【日時】 11月22日23日 【天気】晴れ 【山域】妙義・西上州 【メンバー】
L柘植・多田・小俣(記)
【内容】11/23 妙義山中ノ岳神社の駐車場に車を置き、見晴らしから中ノ岳へ。御
来光を撮影してきたと言う人たちと擦れ違い、岩場を登りきると頂上。快晴の空に、
群馬北部の山並み・遠く高崎あたりの平野まで一望。思ったほど寒くもなく、のんび
りと頂上で過ごすと、楽しいご夫婦連れが登ってこられる。彼らと前後しながら東岳
へ。我々は岩峰コースはここまでにして、石門めぐりに下ることとする。以前に比べ
下山道がツルツルで張られたロープのお世話になる。奇岩・石門をハイカーにまじっ
て一周する。午後から、車を一本杉駐車場に移し、筆頭岩へ出かける。リッジ通しに
攀りたかったのだが、装備不足で断念。途中よりクライムダウン。余った時間で、下
仁田近くの里山・大崩山を登る。小粒ながら西上州らしい岩山の一面をもった山だっ
た。

11/24 かねてから行きたかった双子岩~ククリ岩~大岩に出かける。碧岩登山口の
駐車場に車を置き、三段の滝へのコースをたどる。滝上の「右双子岩・左碧岩」とい
う標識に従って、居合沢の道をゆくが、すぐに踏跡はあやしくなり適当に水量の少な
い沢の中を行く。初めの枝沢を右岸から合わせたところを左折、枝沢に沿って登る。
双子岩の稜線に向かって高度を上げていく。主稜線にたどり着くと、指呼の間に双子
岩がきれいに並んで見える。鞍部につき、まずは岩峰の西峰にとりつく。良くぞルー
トを見つけたものだと感心しながら岩と木を攀じ登る。頂上からは展望がひらけ、西
上州の山々の上に雪を頂いた浅間がのっかりなかなかの眺めである。下りは懸垂をま
じえ鞍部にもどり、東峰へ。そのまま稜線伝いにククリ岩へ縦走。ククリ岩は笹藪に
囲まれた山にて展望がないが、風もなく陽だまりを楽しむ。この辺りは、藪がひどく
熊さんには要注意!鈴をつけ所々で笛を吹きながら、人間がいることをアピール。来
た道をもどり、鞍部から大岩に向けて主稜線を北東に進む。一部わかりにくい分岐も
あったが、碧岩・大岩がよく見えるので目指して進む。大岩は碧岩に比べ頂稜部の岩
峰が南になだらかなので簡単に頂上に立てる。南牧川一円と対岸の山々の大展望であ
る。今日最後の展望を楽しんだ後は、一路整備された登山道を下山。

スポンサーサイト



無雪期一般道 /  Trackback -- /  Comment --

△page top